2007年02月26日 19:00

 先週の大阪出張の日。自宅で早起きしたら快晴。クルマを家に持ってきている。大阪での打ち合わせは夜だ。よし、行けるところまでクルマで行ってやれ、と調布を出て、東名(川崎IC)に乗った。
 久しぶりのロング・ドライブだなあ、どこまで行くか。大阪まで行けそうな気合い。
 ふと、明日の帰りもクルマかあ、これはかったるい気がする。うーむ。

 突然、飽きて目先のICで下りてしまった。


 新横浜駅から新幹線に乗ったのでした。たった1時間強のドライブだが、気分は新鮮だった。梅田・曾根崎の居酒屋で打ち合わせは実りあって。淀屋橋の先の「めん坊」でママとガンさんにお会いして。帰りはマスターのクルマでホテルまで送ってもらい。ごちそうさまでした。

 土曜日は結婚式に出て、近くの場外馬券売り場に行ったら、今日は良き日だ、と魔が差して宇都宮に行き、翌日は宇都宮競輪のG兇魄貊屬世姥て、東京へ戻り、信濃町の秩父宮球技場へ。ラグビーの日本選手権だ。いやまあ、迫力があって面白かった。ヘビー級の怖さも感じた。よく人間が壊れないものだ。

 あ、そうだ、調布で有名なトモさんとも地元(調布)でハシゴしたのだった。4月に統一地方選(?)があって、その決起集会に連れて行かれたら、どなたかに「20年前からのニコリファンです」と挨拶されてうれしかった。


 今日はNYタイムズのカメラマンと、近くの公園やお寺に行っての撮影だった。ポーズに面白い注文をしてくるので、あっという間に終わった気分。
 これで充分だと思うのに、NYからは、私を競馬場で撮ってこい、という指示があるらしい。嫌だよ、今開催中の川崎競馬場まで行くのは。私も少しは忙しいのだ。今週末の中山競馬場なら行ってあげてもいいけど。NY郊外のベルモント競馬場に招待してくれるのなら行ってあげてもいいけど。

 湯島天神の梅が今年も美しい。

#id07020007 | 雑ネタ | posted by 鍜治真起

2007年02月19日 18:12

ごきげん3番ウッド

 おとといの土曜日。ポカポカ陽気の日は三日酔いで寝てた。もったいない。
 昨日の日曜日。大雨、寒い強風の中、ゴルフ(茨城県美浦)だった。やめたかった。
 今日、月曜日はドピーカンだが、原稿書き。しょうがない。

 ヒロが今日、NYへ帰った。じゃあ帰る前に、君の実家の近くでゴルフをやろう、ということで、1週間前に予約(ゴルフ場の)したのだったが、雨男人生、まだ続いていた。

 ゴルフの同伴者は早撃ちマック(推定62才、おもちゃ業界の生き字引)。数独にはまりすぎているからこわい。将棋の話になり、ヒロとマックで濃い話をしている。私にはチンプンカンプン。
 昼食時に「ゲームソフトでやるときは、ごきげん中飛車がいいですよ」とヒロ。
「あ、そお。あれなら戸惑っちゃうのかな」とマック。
「むかえ鬼飛車の場合はですね、ほにゃらか」
「あ、そうなんだ、ほにゃらか」

 午後も横なぐりの雨でサイテー。修行か。
 下手なヒロがドライバーはあたらないので、3番ウッドで初めてのグッドショット。
「ヒロ、ナイス。ごきげん3番ウッド」
「あたったあ、うれしい」
 私はその後も左へ右へで、ごきげんナナメ・ドライバーの1日。トホホ。

 今週は大阪出張と、結婚式と、ほにゃらかです。

#id07020006 | 雑ネタ | posted by 鍜治真起

2007年02月16日 16:54

回話

「飲んでんの?」
 「飲んでんの」
「食べた?」
 「食べた」
「新聞紙」
 「読もーよ」
「すでに鬼です」
 「すでに兄です」
「すでにワニです」
 「すでにカニです」
「AKASAKA」
 「だめだ」


 飲みすぎてアタマが働かない。ニコリ本誌の原稿が残っている。アンプク(編集長)に怒られそうだ。
 「本の雑誌」への原稿はさっき浜ちゃん(本の雑誌の発行人)に送った。目黒さん(60才、競馬仲間、私のすべての師匠)、隠居生活スタート、おめでとう。

 これから講演です。弁護士の方たちにまたいい加減なカジ語を駆使して、煙に巻いてきます。ノブとジミーが助っ人なので心強い。吐きそう。 

#id07020005 | 雑ネタ | posted by 鍜治真起

2007年02月15日 18:57

かもめ。

 3,4日前の月曜日。佐賀競馬で負け、博多駅のコンコースをうなだれて歩いているとき、横のヒゲもじゃのトシキが鼻歌まじりで歌っている。
「かもめーがとんだあ かもめーがとんだあ ふふふふんん んんんん」
「その鼻歌さあ、いつ頃からしみついてんの?」
「ああ、これ? さっき特急かもめに乗ったじゃない。だから。いつもそんな感じだよ。しゃべってて何かの単語にひっかかって歌っているときもある」
 ふーむ。私もそれに近い。

 あれ? かもめだったが、渡辺真知子の「かもめが飛んだ」ではなく、研ナオコの「かもめはかもめ」を口ずさんでいたのだったか。かもめはーかーもーめー ふふふん んんん。あれ? 研ナオコではなかったか、中島みゆきだったか。どっちでもいいか。そうか。

 私の今の鼻歌は こーいーびとよお ふふふーふふーんん (中略) フフフーフンンかえれないー。
 太田裕美の「木綿のハンカチーフ」。昼間に東京駅の地下道を歩いていたら、安売りのCDショップでガンガン流していたので、天ぷらのニオイのようにアタマにくっついてしまった。騒音じみていたのは、ラジカセを2台鳴らしていて、もういっこの曲はスリーディグリーズの「スロウ・ハンド」で、ショップの真ん前まで来ると、うるさくて何を流しているのか分からない。大した店の親父だ。

 明日は何を口ずさんでいるのだろう。 

#id07020004 | 雑ネタ | posted by 鍜治真起

2007年02月14日 16:18

事務所での収録。

 今、午後2時12分。これからwebTVの収録が始まる。後ろの会議室で下打ち合わせが終わり、下の玄関から導入の場面を撮るらしい。ちょっと待機なので、書いている。このまま実況できれば面白いのだが、次に書くのはこの収録が終わってからか。

 先週末は小倉競馬の最終週と、佐賀競馬の佐賀記念に行ってきた。面子はいつものゴールデン3バカギャンブルトリオ。ヒゲもじゃのトシキと、バンカー松井の3人で。
 小倉は、ふぐが安くてうまかった。あとは書きたくない。佐賀はジャンクフードのイカ天と、いわし天、150円が絶品。となりにあったカレーパンとハムチーズパンも串にさしてあったのにはびっくり。
 あ、収録です。

 今、2時45分。玄関での撮影、終わり。先にここ4階に上がってきて、一服。これから本編の撮影。って、何十分番組なんだろう? 昨日渡された台本、読んでないや。あ、呼ばれた。行ってきます。


 ふうっ、終わった。今、3時56分。
 バチッ。(真っ暗、ああああああ、4階)
 ノブ「ああああ、飛んだああああ」

 今、4時10分。ああよかったあ、電源いれたらバックアップされていた。10人くらいの撮影部隊が任務(?)を終えて、電源を抜いたときに起こったのか、ブレイカーが飛んでしまったのでした。ああ、3階の制作の連中も泣いているのか。

 ふうっ。とりあえずこの項、終わり。

#id07020003 | ニコリ | posted by 鍜治真起

2007年02月06日 18:27

晩飯2

 昨日登場したテラミツ師匠は言語明瞭、意味不明で、昔の通訳はイソ・スナヤマ(推定61才、山男、今は神戸在住)だった。気配りの師匠である。まあ、よく気が付き、サービス精神が旺盛で、この人がいる場はいつも100万ワット。このお二人とは西新宿「マルセリーノ」で出会い、キーパースンのアサハラ師匠(推定65才、長崎生まれの優しい頑固者、人生の師匠)も含めた15人くらいの先輩たちに私はテニスを教えていた。もう20年くらいの付き合いになる。
 今のテラミツ通訳係は点子ちゃんで、彼女はニコリ事務所の内装を全部やってくれて、お客様にも「住宅のような暖かい造りですね」と驚かれ、喜ばれている。

 テラミツ、スナヤマ、アサハラの3バカ師匠は合宿にはいつも、フランスパンとハムとチーズとレタスを持ち込み、ワインで晩餐。ひたすら元気なので圧倒される。私は他人のパワーにひきずられてしまうことはあまりないのだが、このときは負ける。

 テニスと釣りの関西合宿のときは、晩飯が「赤ちゃん食堂」だった。三宮の生田神社の近くにあり、ニッポンの洋食メニューがずらり。中でもビフカツがサイコー。今でも夢に出る。


 テラミツ師匠と直近のデートは1月13日のラグビー大学選手権だった。国立競技場(千駄ヶ谷)で私は生まれて初めてラグビーのライブを見た。いっぺんに惚れて、次は25日の日本選手権決勝に誘われている。生で見ると、華麗なパスよりも、フォワードが2m、3mとどかどか前進していく迫力が圧巻。社会人のラグビーはまったく違うそうで、ああ、楽しみ。


 昨日は四谷・荒木町の「こっくている」で晩飯。ハンペンとポテトサラダともろきゅうとイカボールで焼酎。ナポリタンが目茶苦茶うまいのだが、そこまでいかなかった。


 今日はこれから湯島「つ多」で。まり、ジミー、ノブとお客さんと。「つ多」は今年10数回目か。
 今日は起きてから立ち食いそばを3分の2、食べた。
 数年前は医者に栄養失調と言われた。余計なお世話、放っといて。ダメか。

#id07020002 | 雑ネタ | posted by 鍜治真起

2007年02月05日 14:46

晩飯

 先週来日したヒロ(弁護士)が言う。
「マッキーさん、しゃぶしゃぶとすき焼きと焼肉とステーキと、どれが好きですか」
「うーん」
 私は肉をほとんど食べない。聞かれたのが夕方だったので、このあとの店選びかな。そういえば私は1年間、決まった店にしか行かないなあ。横にいたノブが「社長、明日しゃぶしゃぶですよ」「あ、そうだった」
 ヒロと会社を出て、なぜかお互いの蕎麦屋の玉子焼きの自慢話になり、今日は私のおすすめの所に行こう、と説いた。

 室町(神田)の「砂場」は混んでいた。つまみあれこれとビール。ヒロはウーロン茶で。
「ざる、たのもうか」と私。
「ええっ、マッキーさん、これで晩飯終わりですかあ」
「そう」
「ええっ、おなか空いちゃいますよお、どこか行きましょうよ」

 蕎麦を食べずに出た。
「マッキーさん、お好み焼き、行きませんか」
「はあっ?」
「この近くです。すっごいうまいんですよ。一度食べてみてください」
 NYから来たからこっちで食べておきたいものがたくさんあるんだろうな、と私も人間ができているので、付いていった。

 東京駅からすぐのお好み焼き屋は40人近くの行列ができていた。ふう、よかった。

 結局、老舗のビア&レストラン「レバンテ」(国際フォーラム内)でカキとピラフ。私は白ワインで満足。ヒロはよく食べる。フツーか。32才だもんなあ。ここはゴルフの師匠、テラミツさんに教わった店だ。今期2回目。うまい。
 テラミツ師匠(61才、山男)はホントに何を言っているのか分からない。私もこの人に会って、ああ、私もそれでいいんだ、と学んだ。会話の師匠でもある。

 それからフツーに飲み屋へ。久しぶりに新鮮な晩飯歩きをしたのだった。


 昨日は久しぶりに自宅で晩飯。創作餃子をつくろう、ということになり、私はバナナ餃子(皮の中はバナナだけ)を責任もって食べた。カマンベール餃子と梅干餃子が1位、2位だった。


 今週は交渉事が多し。週末は小倉競馬です。明日は「晩飯2」か。いい加減です。

#id07020001 | 雑ネタ | posted by 鍜治真起
end of entries.