2007年12月28日 16:10

よいお年を。

 今日は会社の大掃除。窓ガラスがみるみるきれいになっていく。
 私は名詞と年賀状の整理。
 今年もお世話になりっぱなしで終わる。
 宿題を抱えて終わる。
 例年と同じ。

 今年いちばん笑えたこと。数しれず。

 今年いちばん泣いたこと。数しれず。

 飲んだ日、375日。
 いちばん寝た日、ロンドンで14時間。

 読書、座禅、病気、大当たり、なし。

 来年の打ち初めは4日の高松競輪から。JRAは5日の高松場外からです。あ、明後日の競輪グランプリは、飯島の2着付けまで見えました。

 これから身内で打ち上げです。おつかれさまあ。


 みなさま、よいお年をお迎えください。

#id07120006 | ニコリ | posted by 鍜治真起

2007年12月24日 16:48

きっと君はこない。

 昨日のJRA最終日。どのレースも君はこなかった。もちろん有馬記念も。
 今日の競艇・賞金王は三嶌誠司に、オートのスーパースター王座は伊藤信夫に期待しているが、君たちもこないのだろうか。


 さっき歩いていて、つくった小話。

 「眠れない人にずっと眠れるマクラができたぞ」
 「へええ、何ていうの」
 「お先まっくら」

 「この間、東京駅から電車に乗ったらハニカミ王子を見たよ」
 「東京駅から乗ったらカミナカザト王子だろう」


 今年いちばんうれしかったこと「いちばん小さなこと」編。

 夏に格式のあるゴルフ場(日本)の練習グリーンで私がパットの練習をしていました。そしたら後ろから「あのお」と声をかけられ、振り向いたらおじいさんでした。
 「あなたの後ろのここ、ベルトが通っていませんよ」
 チノパンの後ろのベルト通し1カ所に、ベルトが通っていなかったのでした。それにしても地味な服のわたくし、赤の他人のおじいさん。10人以上が練習している。
 「あ、あ、ありがとうございます」


 今年いちばんもうかったこと「他人の度量」編。

 秋に都内の飲み屋からタクシーに乗った。乗ったとたんに話が弾み、ずっとお互い、しゃべりっぱなし。調布ICを降りたら運転手さんが。
 「あ、いけね、メーター押してなかったわ。いいやお客さん、今日は面白かったから、こっからのメーターで」
 「やったあ、じゃあ、つかみ取り払いで。ポケットに入っているゼンブで手を打とう」
 「おう、なんだそれ?」
 降りるとき、ポケットからわしづかみして渡した札とコインは4000円もなかったのではないか。
 「運転手さん、また会いましょう」
 「おう、じゃ名詞、渡しとくわ。ありがとう」


 今年もあと1週間。

 外人よ、Best Wishes for a Very Happy 2008 !

#id07120005 | ニコリ | posted by 鍜治真起

2007年12月20日 18:31

半袖。

歩いていると、南天の粒々の赤が目を射る。
冬です。
先日行った、郡上八幡の南天の里では、道路脇にずっと輝いていた。
帰りの朝は、その赤たちが寝ぼけまなこを起こしてくれた。

にゃんばず(ニコリ社員です)は、つい最近、半袖をやめて、長袖シャツにした。
おらけ(読者、ペンネームです)は11月まで半袖だったという。
半袖愛好会の男(読者、ペンネームです)は信州大学の学生で、先日、池袋で飲んだ。長袖を着ていた。

NYとロンドンは、特に着ている服がばらばらで、寒いのにTシャツ男がぞろぞろで、見かけるとこっちが寒くなるのは、どういうことか。

日本のサラリーマンは、みんな同じ色のスーツで、どういうことか。余計なお世話か。ハイ、失礼しました。私は買ったことがないので。

「よいお年を」と言って別れる毎日が続いている。
「また来週」と言う相手もまだいる。それは今週までか。
これから「つ多」です。

#id07120004 | 雑ネタ | posted by 鍜治真起

2007年12月17日 18:12

年末の歳時記。

 昨日は府中競馬場で、水沢競馬の場外馬券を買い、なんと6枚もの当たり馬券があるのにトントンとは私らしい。晴れた日の岩手競馬の配当は穏やか(?)で愛らしい。

 永ちゃんのコンサートはシマちゃんと私にとっての歳時記か。
 年中行事のイベントはそれだけで泣き笑いがある。
 今回も泣けた。
 武道館で30年目、100回目のコンサートは「アイ・ラブ・ユー・OK」も弾き語りで入って、私も「昭和」をフラッシュバック。劇団を見歩いたこと、バイクを壊されたことなどが浮かんできて。

 私の父が先日、個展を開いて、30数点、出ていたか。これでおしまいにするという。まったくのアマチュア。60才から絵を描き始めて、うまくなったものだ。昭和2年生まれだから80才になる。

 西暦を元号に直すに、昭和なら25を引く。大正なら11を引く。明治なら67を引く。

 今年も終わる。クリスマスのイベントは飲み屋だけでやればいい。あ、違うか。外国のみんなにはでかいことだった。グリーティング・カードも出したのだったよ。

 私は有馬記念(千葉、中山競馬場で23日)、競艇賞金王(福岡競艇場で24日)、競輪グランプリ(立川競輪場で30日)で今年を精算する。本物の勝負にまた泣くかも。

 2007年は良い年だったか。まだまだ分からぬ。

#id07120003 | ギャンブル | posted by 鍜治真起

2007年12月12日 17:36

俺たちに明日はない。

 40才前後のバカ男3人と飲んでいた。新聞社の和尚さん、広告代理店のラスカル、草野球を教えているオーノ(鼻がローマンノーズで、斧みたいだから)と。
 「マッキーさんは毎日、遊んでいるからいいんですよ」
 「違うって。遊びの話をしているだけで、平日は遊んでないよ」と私。
 「じゃあ何をしてるんですかあ?」
 「おとなしくしている」
 「はあっ? 俺たちはがんばって働かないと、明日はないんですから。なあ」
 「ダイジョブ。寝れば必ず明日は来る」と私。
 「あ、あさって、和尚さん、平塚競輪、行きませんか」とオーノ。
 「行こうか」
 「なんだ、明日はないのに、あさってはあるのか」と私。

 俺たちに明日はない。明後日はある。

 「俺たちに明日はない」。ボニー&クライド。いい映画だ。
 ウォーレン・ビーティとフェイ・ダナウェイに、ジーン・ハックマンが兄貴役で。この前のNY行きの機内で見た。見るのは5,6回目くらいか。むくれたフェイ・ダナウェイの顔が変わっていくのがいい。


 その機内で、立川志の輔の落語も聞いたのだった。演目は忘れた。枕だけ覚えている。

 じいさんがかかりつけの医者に行った。
 「先生よお。右足の膝がどうにもならなくて。ちょいと診てくれな」
 「ああ、もうお年ですからねえ」
 「そうかあ。でもよお、左足も同い年だぞ」


 さっきNYから来客。来年の秋のイベントの打ち合わせ。
 オレに明日の予定はない。来年の秋はある。


 週末は永ちゃんのコンサートです。休日はどこのコースか。

#id07120002 | 雑ネタ | posted by 鍜治真起

2007年12月05日 19:18

得手、不得手&ウソ。

 どこかでNYのヒロと話したことを思い出した。
 「ヒロさあ、君のいちばん得意なことって何? それからさあ、いちばん苦手なこと」と私。
 「それってマッキーさん、ボクが自慢したいことですか。あと苦手な食べ物でもいいんですか」とヒロ。
 「もう何でもいい、OK。人と違う何かを誰でももっているんだけど、ヒロは何かなあって、そんなカンジ。食べ物はつまらんかな」

 「あ、ありました。あのお、言っていいですか。ボク、マンガを読むの、めっちゃくちゃはやいんですよ。あのセリフって言うんですか」
 「ああ、吹き出し」
 「そう、その文字を一切読まないんですよ、もう子どもの頃から。だから『北斗の拳』なんか1冊5分か10分で読み終わっちゃいますよ」
 「ハアッ? そんなんで内容分かるの」
 「それが分かるんですよ。友だちと回し読みするときは、ボクがいつも最初で、すぐ読んじゃって、ハイって渡してましたね。もうマンガは大好きですね」
 「へええ。大好きねえ。分からんなあ」

 「あ、あとダメなの、言っていいですか」
 「うん、何?」
 「あの、靴のヒモを結ぶのってあるじゃないですか」
 「ああ」
 「あの靴のヒモ、ボク結ぶの、ホントに下手なんですよ。必ず結び目がタテになってしまって、ほどけてしまうんですよ。今まで一度も成功したことないんですよ」
 「あ、それ面白い。それ、いないわ」


 先週の大阪は、なかなかに楽しかった。帝国ホテルで個展をやっているトムバーガーを訪ねて、夜、飲みすぎて。個展は11日までです。

 日曜日は国立競技場に、ラグビーの早明戦を見に行って。大学ラグビーはリズムがはやくて、見ていて楽しい。

 今週はインタビュー記事がそこここに出ています。今日のインタビューは1月中旬発売の雑誌だった。私もテキトーなことを言っている。チマタの社会の記事を見ていると、私なぞ、大嘘つきだろうな。
 
 ウソは潤滑油。
 
 こんなこと、堂々と言ったらなぐられるだろうな。これから「つ多」です。

#id07120001 | 雑ネタ | posted by 鍜治真起
end of entries.