2008年02月27日 18:45

薬と酒の日々。

 健康診断を受けたあと、風邪をひいていたら今日になってしまった。薬と酒を同時に何日も飲み続けていると、やはりカラダもおかしくなる。

 ヒロがNYに帰っていったので、あっちこっちの食べ物屋に行くこともなく、またいつもの店で昼飯、晩飯の生活だ。
 先日、10年近く利用している蕎麦屋で、その若主人(?)に「あのお、新聞にお顔が出てらっしゃいましたよね」と声をかけられ、びっくりしてしまった。「あ、はい」。
 その店の名物は「ねぎせいろ」と言って、蕎麦猪口のつゆは温かく、小振りのイカ天が入っていて、まあ絶品である。その店のおばあさん、おじいさんがテキパキと仕事をしているのを見ると、また蕎麦が旨くなる。

 おとといのラジオの取材が、今日の昼間に放送されたのだった。忘れて聞かなかった。ああ。私の風邪は熱があるだけで、ユーコ(ニコリ社員)の風邪は声がつぶれて出ない。ユーコの風邪をひいていたら、取材は延期だったろうな。

 かみさんに渡されたマスク。マスクをするのは中学以来か。あったかいな。外国人から見るとマスクは不気味らしい。確かに気にするといらっしゃいます。いろんな種類があるもんだなあ。そんで顔を覆うほどのでかいものもある。私の目は今まで何を見ていたのか。ああ。


 3月。転機のシーズンだ。私は転がっている。

#id08020005 | 雑ネタ | posted by 鍜治真起

2008年02月18日 11:25

イベント前日。

 最近、こんな時間(朝)に他人に電話することが増え、驚かれる。
 「どしたの? 朝だよ。起きてんの?」
 毎週の月曜日が多く、しかし午前中に電話するだけでびっくりされるのは楽しい。

 「今度どこか行こうよ」「ゴルフしよう」「来週空いてる?」にもすべて
 「あ、いいよ」「空いてます」と答えると、
 「あ、絶対行かないんだから」「またドタキャンだからなあ」と返される。
 私はそういう人間になっているので、楽だ。そんなとき、フツーに約束を守るだけで、喜ばれる。
 「あ、カジが来たよ。おおう」
 ゴルフのコンペはいつも、私は最終組になっている。遅刻があまりにも多いかららしい。

 そんな私を分かっているタロちゃんは、逆に当日に電話が来る。昨日もそうだった。
 「おおう、あのさあ、今日、東芝と三洋のラグビーがあるんだけど、行くか?」
 「あ、飲みすぎてアタマ痛いからやめとくわ」
 「あは、そうだな、じゃまたな」


 明日は年に一度の人間ドック。毎年オールAだ。不思議なことだ。
 今晩も宴会が入っているが、どこまで付き合えるか。いつまで飲めるか。ま、平常心(こんなとこで使うか)で過ごし、明日を迎えればいい。

 いつも晩飯など霞を食っていれば充分と思っているのに、今日はなぜか旨いものを食いたいなあ、と思ってしまうのだった。

#id08020004 | 雑ネタ | posted by 鍜治真起

2008年02月13日 18:12

立派。

 先週末はヒロと、彼の実家、美浦トレーニングセンターに行き、泊まって棒振り。今年初めてだ。圏央道という立派な道路を使って、東京から1時間で着いた。日本の道路は、みな立派だ。フツーの道路もガードレール、標識、ペイントがぜいたくに多く、こんなに設備がしっかりしていなくてもいいと思ってしまう。

 立派な人間って誰だろうか。私の周りに立派な人間はたくさんいるが、立派な時計、アクセサリー、服を身につけている人は一人もいない。

 オランウータンはボスになると、自然に両ほっぺたが、前方に飛び出てきて、山のようなコブ(?)になるらしい。こりゃあ立派だ。


 さっきまで若者からの取材。どこの会社だったか。20代の人に向けて何か、と言われた。
 「今の20代は優秀、素晴らしい。情報が多い分、逆に選択肢がなくなっていると思うが、世界中の20代を相手にしている気がする。私が伝えることは何もありません。仕事を楽しむ気になれば、簡単に転職するのもあたりまえ」と答えた。カジ語だから伝わらないか。そうかそうか。

 若き受験生よ、風邪をひかぬように。

#id08020003 | 雑ネタ | posted by 鍜治真起

2008年02月07日 18:21

関西は若い。

 昨日、おとといの関西は面白かった。久しぶりに神戸の宿に連泊して、神戸新聞のツメショーギ・マエダと、ハイフェッチ・タナカとも飲めて、北野坂の居酒屋、ショットバーで、積もる競馬話とブンヤの裏話であっという間。

 大阪、神戸の本屋さんも元気でうれしい。毎日新聞の夕刊で、数独がデイリーで連載となったのだが、もう、その反響が本屋さんに出ていると聞くのも対面だからか。ありがたい。どんと補充をいただいた。

 梅田での3時間講演は、定年を過ぎた方たちの、趣味を楽しむサークルでの、ニコリパズル・レクチャーといったカンジ。30人以上もいらっしゃって、平均年令65才以上と見た。失礼か。
 私はいつものようにシナリオなしの、ぶっつけ本番。年輩の方々へのカルチャースクールも経験していたので、ゆっくり、言葉遊びもいれて。数独を6割くらいの方が解いていたのでびっくり。日本も外国並みになってきたぞ。

 まあ、熱心で、これまたあっという間の3時間であった。1時間おきに私が主催者のミスター・オキナに手を挙げて、休憩をもらった。タバコを吸ってきます。ハイ、どうぞどうぞ。
 数独よりもスリザーリンクを教えてください、カックロを教えてください、とみなさんに言われて、もー大阪のおばちゃん、おっさん(?)はサイコー。反応もはやい。若い。

 言葉遊びで、アナグラム、回文を説明したら「おう、知っとる知っとる」。
 そしたら
 「宣伝せいもそうやな」
 「ハッ?」とわたくし。
 ホワイトボードに私が「せんでんせい」と、書いた。ははあ、と思い、「せんでんせ」に直した。
 「そや、宣伝せ。あかんの?」
 私はうれしくてうれしくて。ライブの面白さは、当事者が盛り上がることに尽きる。
 「あ、これ、サイコーです。でも東京では宣伝しろ、とかで、こうは言わないんですよ」 
 「そうですかあ?」
 「でもOK。サイコー。いやあ、勉強させてもらいました。いいです、OK」
 
 来てよかった。
 お一人で去年、リュックだけでヨーロッパを回ってきた年輩の方にも「あんたんところの数独なあ、誰がいちばんやっているか知っとります?」と、終わったあとに。
 「どなたですかねえ」
 「あのな、観光バスの運転手。待っている間、数独をみんな解いてんねん、どこの国でも」
 「そうですかあ、それはうれしいですね」
 「わしも向こうで買った数独、ほら、今も持って楽しんでますわ」
 うちと契約した出版社の本でよかった。


 さっき神戸から帰ってきて、これからマキノ出版のタロちゃんと。サイゴはどのエリアで飲んでいるのだろう。
 

#id08020002 | ニコリ | posted by 鍜治真起

2008年02月04日 19:12

バキューン。

 今日から大阪。のつもりが、まだ東京。うーむ。さて。

 明日は神戸の書店回りです。
 明後日は大阪で3時間の講演です。

 「雪が降る あなたは来ない」はアダモだったか。
 東京の雪もすぐ止んで、あとは滑らないように歩こう。先週の夕方、水たまりを飛んだらヒロに言われた。
 「なんでそんなに大げさな飛び方するんですか。もう年なんだから」
 放っといて。


 これから近くの「今井」です。久しぶり。1週間ぶりか。

#id08020001 | 雑ネタ | posted by 鍜治真起
end of entries.