2008年10月31日 09:19

地球全国。

 ここはジュネーブ(スイス)。
 レマン湖から5kmの、マック木下の家に来て2日目。あと2日間、お世話になる。
環境サイコー、ネット環境サイコー、リラックス120%。

 今日は何日か、何曜日か。
 東京の誰かから、NYの誰かから、急に寒くなった、というメールが。こっちも雨が冷たい。地球全国、同時に寒くなっているんだな。
 今回、成田を発つ前日に、千葉で飲んだときに宮ちゃん(ブックス・プロモーション)が言ったのを思い出した。
 「カジちゃん、世界全国、あなたはどこに行っても同じだから。あなたはね、日本人じゃないんだよ、たぶん。いやあ、オレ? オレは新潟県人だよ、オレは」
 このこだわりがいい。ラクだ。
 「たか」(千葉の飲み屋)の女将、ごめん。バッグがなくなって、お土産用にいただいた箸、泥棒にあげてしまったよ。モザンビークまで、持っていけなかったよ。
 バゲージは未だに出てこない。泥棒よ、君にプレゼントしてあげるよ、中に入っているニコリのパズル本まで遊んで広めてくれるんだぞ、分かったな。

 千葉・栄町の「たか」は佐倉に住むコウちゃん(千葉貿易協同組合)の行きつけの店。コウちゃんのおかげさまで、今回も成田の駐車場に25泊するが、ピー(言えない)の値段だ。

 そんで。

 マック夫妻の家は、すぐそばに見えるジュネーブ空港と同じくらい、でかい。
 正確には、マンションの9階と10階(最上階)で、ワンフロア、40坪、真ん中に階段があり 、ゼンブで10部屋か。
 今は長男のケンジ(15才)が友だち2人と、ロンドン郊外のケータラム(ケーターハム)から遊びに来ているので、総勢6人で晩飯をいただいている。私は、瞬間居候です。
 スーさん(マックのワイフ)は、イギリス人で、ここの総代表部のトップクラスの人。外交官だ。
 羊の毛糸玉のような人。
 東京の飲み屋(銀座のスナック「曜」)でも、ロンドンでも、ここ自分の家でもまったく変わらぬ、仏様のような人。
 スーさん、今日も飲み過ぎたので、明日は起こしてください。明日はシャモニーでしたっけ? モンブランなら登れませんよ、おやすみ。


 サラマンカの話。
 何もかもが、数独を超えたイベントだったので、ここに書くのは重すぎる。
 すべて「ぬりかべ」のプロモーションだったから。
 しかも、ぬりかべに絶大な反響があったことが、私にとってはまた、メモリアル・デイ
であった。2008年10月28日のこと。

 生のラジオで、スペイン中、50局に、私の日本語が流れたのだった。
 「ぬりかべを数独と一緒に楽しんでください、よろしく、グラシアス」
 画期的なことだ。


 ジュネーブの日をもって、よかった。
 クールダウンします。あまりにアメリカ、スペインが濃かったので。
 これからテラスで一服して、寝る。

10月30日深夜 ジュネーブにて

#id08100009 | 出張 | posted by 鍜治真起

2008年10月28日 11:13

スペインです。

 飛んでマドリー。
 今、スペインはマドリーからクルマで2時間のサラマンカです。
 サイコーの深夜。アクアビットまで飲んで、アタマはどっかいっている。

 さっき、1年分の肉を食った。闘牛の牛と同じやつで、脇腹の肉。
 1.5キロ、目の前に出てきて、他の3人はフツーに切って食べている。私には、これは食いものではない、じゅうたん。ああ。


 フィラデルフィアでの全米数独選手権は大成功。
 まあ、アメリカ人はイベントを自分から楽しむ術を持っている。
 その日、その場の雰囲気を120%、元を取ることに長けている。世界でいちばん、うまい。
 私も生まれて初めての英語のスピーチは、持ち上げられて、気分も良くて、これがライブのマナー(?)なんだと、教わった。
 数百人と握手して、サインをして。フイラデルフィアの人たち、市長とも握手して、みなさん、ありがとう、「SUDOKU」を盛り上げてくれて、これ以上のことはない、サンキュー。

 終わって、シティの雨の歩道を濡れながら夕方に歩く。私は春のような気分。
 ナカタケ(ニコリ)が言う、「いい雨ですね」、それだけで納得。グッジョブ。
 グッド・ジョブのヒロ&ドナピー夫妻、ジミー&ユミポン夫妻、とでかい声を張り上げて、勝っているワールド・シリーズの地元、フィリーズのファンに負けないくらい。
 交差点でまた、地元の母子と写真。SUDOKUの大ファン。今日のマキのスピーチはグレイト。
 それだけでうれしい。ヒゲもじゃのトシキに感謝。


 ヒロは今回、ずっと私と一緒にいてくれた。
 ドナピーとヒロには8月にベイビーが生まれた。NYCで、お産婆さんで。
 長女、アッキー。
 2人はずっと、きりもりして、今回、ニコリの仕事をアテンドしてくれた。

 あやす度にドナピーがアッキーに、「まっきーじいだよ」。
 うれしい。

 「全米数独選手権」の効果より、ヒロ&ドナピーとの付き合いがでかい。イタショーも分かってくれただろう、ヒデロッカーもその関係を感じてくれたと思う、リョーヘイ君にも感謝。
 イノウエ女史には特に感謝。彼女が私の「人生、テキトー、いい加減、他力本願」を初めて同時通訳してくれて、外国人に通じさせてくれた人だと思う。
 拍手の、アンド笑いの手応えがまったく違ったのだ。


 黒田征太郎とも、でかい夢の企画が話せた。
 ニコリの数独以外のパズルに「面白い」と、一言、ポンポン。
 来年がニコリファンよ、面白いぞ。


 そんなこんなでここ、スペイン、サラマンカ。
 
 朝にバラハス空港に着いた話。
 NYからリスボン・トランジットでマドリーに着いた。それはいい。
 こちらの提携出版社社長、サントスと抱き合って。
 しかし、実は、私のでかいバゲッジはトラブルで、マドリーに着かなかった。トランジットのリスボンで止まっているらしい。わお、初めてだ。
 サントス、奔走してくれる。
 しかし、来ない物は来ない。そんなことだ。私だけが他人事のよう。

 サントスのワイフ、テレサと一緒に、これからの10日間の衣服、身の回り品を、ショッピングセンターまで買いに行った。
 「マキ、サントス(旦那)のパンツはボクサータイプだけど、あなたは?」
 「マキ、サラマンカはマドリーより寒いから、マフラーはどう?」
 「マキ、ピジャマ(パジャマ)もいらないの?」
 「マキ、安い歯磨きセット、こっちにあったから、そうしなさい」
私はテレサの子どもになったかのよう。

52才のテレサに、57才のオレが言われている。
 外国だ。


 明日は、アスタ・マニアーナ。明日、また会いましょう。
 愉快な男たちと、今日、飲み続けた。その話は、アスタ・マニアーナ。
 おやすみなさい。

10月27日深夜 スペイン・サラマンカの王宮ホテルにて
 

#id08100008 | 出張 | posted by 鍜治真起

2008年10月24日 22:57

いざ、フィラデルフィアへ。

 NY8日目。朝5時半、真っ暗。6時半、見上げると、ビルの黒に切り取られて青白い空があらわれた。7時、半身浴。バスタブそのものを洗わずに8日目だが、湯をためれば分からぬ。そんで二度寝。

 9時、そろそろアパートを出よう。いよいよ「全米数独選手権」だ。今夜が前夜祭。明日が1500人のチャンピオンシップ。優勝賞金は1万ドル。日本のニコリファンが出たら、上位独占だろう。君たち、おとなしく日本にいてね。

 11時の電車でフィラデルフィアに行ってきます。ここから2時間という。ペンシルバニア州という。へええ。ヒマはあるのだろうか。
 ヒゲもじゃのトシキに調べてもらった近くの競馬場に行く時間はあるのだろうか。
 「全米数独選手権」より、今日と明日、サンタアニタ競馬場(カリフォルニア)で行われるブリーダーズカップにアタマがいっている私だが、それは言えない。

 今夜のレセプションと、明日の開会式スピーチは、生まれて初めて英語でしゃべる。楽しみだなあ。その原稿もヒゲもじゃのトシキに書いてもらった。自信を持って、ゆっくりゆっくりしゃべるぞ。あとは野となれ、山となれ。


 昨日のジャパンソサエティでの講演と、ウィル・ショーツとの対談も、みなさん喜んでくれた。特に主催者のリョーヘイ君が言ってくれたことが心に残る。
 「ウィルのまじめさと、カジさんの遊んでいる人生のその対比がみえて、すごくよかったです。私はいろんな日本人の方の講演を企画してきましたが、いつもは最初と最後だけ、ホールにいて、あいだの時間は事務室にいるんですけど、今日は最初からずっと、聴いてしまいましたもん。ウィルが、パズルは脳を鍛えるし、良くなる、と言ったのに対して、カジさんは、違う、無意味な遊びです、リラックスすることがパズルの面白さです、と。アメリカ人に違う、とはここではフツーは言えませんよ。カジさんは哲学があるんですよ。ボクもうれしかったです、こんなに楽しい夜になって。特に例えにびっくりしました。数独を映画に例えたり、競馬を推理小説に例えたでしょ。みんなびっくりしたと思いますよ」 
 サンキュー、リョーヘイ君。ありがとう。


 行かなくちゃ 君に会いに行かなくちゃ
 
 井上陽水だったか。「傘がない」だったか。
 東海岸は今日も晴れ。

         10月24日10:00 NYCのアパートで

#id08100007 | 出張 | posted by 鍜治真起

2008年10月23日 15:52

出張か、生活か。

 ニューヨーク7日目か。小さな事、小さな事件が毎日あることが生活なんですね。

 今回はこの街に10日間いるので、アパートを借りている。マンハッタンはチェルシー・エリアで、内庭(15坪)が付いているので、そこでタバコを吸っている。

 4日前に、イタショー(NY在住の面白い男)のホームパーティで知りあった日本人のコメディアン、ヒデロッカー(私が名付けた。芸名はナガイヒデカズ、間違いない、で知られたらしい)と飲み過ぎ、おととい、彼が出るという「コメディ・クラブ」に行ったら、客は私たちだけ。
 「他の客が来ないのなら、飲みに行こうぜ」
 「はい」
 で、彼、舞台を放って、私たち、総勢8人と夜中まで飲んだ。そんなことありなんですか。ジミーは「エンタの神様」(TV番組)を見ていて、ヒデロッカーの存在をよく知っていた。ジミーは幅広い。
 まあ、ヒデロッカーは面白い。来月、日本に帰るという。私も日本に帰ったら、彼のライブにいってみよう。


 アパートは静かすぎて落ちつかない。やっと慣れてきた。
 おとといの朝5時頃に上のフロアで、でかい声。「ゲット・アウト! ゲット・アウト!ゲット・アウト!」
 ドタンバタン。
 私は怖くなり、拳銃のパンパン、か、パトカーが乗りつける決着で、はやくネタの材料にしてくれよ、と丸くなっていたら、そのあと何もなし。
 おかしい。

 部屋を出れば、その真ん前でボクサー(でかい黒い犬)がずっと小便。
 たまらない。


 近況報告、順調です。寝ます。


                 22日深夜 NYCのアパート、寒い。

#id08100006 | 出張 | posted by 鍜治真起

2008年10月19日 03:14

つながったあ。

 やっとつながったあ。
 NYCのチェルシー・エリアのアパートを借りました。20坪くらいの内庭が付いていて、そこでタバコを吸っている。
 昨日の深夜は、部屋の隅でカサカサ音がする。カサカサ、カサカサ。近づいたら全長10cmくらいのかわいい家ネズミが逃げていった。

 昨日の80人規模のパーティで、黒田征太郎に会った。高校時代、彼のラジオを聴いて私は考え方を学んだ。彼はいつも吠えていた。ラジカルでアナーキーだった。
 昨日の挨拶も面白かった。
 「夢というのは、闇夜にブーメランを投げることです。とにかく投げ続けることです。まったく見えないけど、ときどき後頭部にぶつかりもします」
 70才。まったく変わらずに吠えた。
 NY2日目でいきなりの感動でした。
 そのあと、ヒロとのバーでのバカ話の間も興奮していたわたくしでした。

 18日14時 NYCのアパートより

#id08100005 | 出張 | posted by 鍜治真起

2008年10月15日 13:10

では行ってきます。

 先週末は何をしていたのか忘れた。
 OB連発。ロストボールを打てばまたロスト。
 当たり馬券を買えば、ゴール前20mでチマタの株券と一緒、一気に紙くず。
イエはきしむし、心もきしむ。

 まずはNYに入ります。
 どこの誰だか知らないけれど、誰もがみんな知っている、そんな人たちと会ってくる。
 ドナピーへのお土産は、無添加の漬け物だったか。いいや、忘れたことにしよう。ヒロに頼まれたお土産は万馬券だったか。来年まで待て。

 では、お気を付けて、と私に。帰国は来月です。

#id08100004 | 出張 | posted by 鍜治真起

2008年10月10日 19:05

眠れればいい。

 今週も派手な1週間だった。
 ニコリでは毎月の第一月曜日に、バースデイ・ケーキを用意して、その月の誕生日のスタッフがろうそくを消す。今週の月曜日は私が消した。10月生まれは私一人だったっけ。長年続いているのに、ああ。

 火曜日に、8年ぶりに会ったハジメとは難しい話、帝王学の話。私の2つ下で、高校のときから知っている。家族ぐるみの付き合いだ。ハジメも世間に揉まれている。好きにしなさい。サイゴは六本木「サード」でハジメが「ルビー・チューズデイ」をゴンさんのギターで歌って。日が替わったら、さなえちゃんが突然「ハッピー・バースデイ」を歌ってくれた。他のお客さんも、みなさん、ありがとう。

 ヒロさんは写真家であり、授業も持っている60代。人形町で「実験室」と名付け、個展を開いた。私は人形町「松浪」にお誘いして、おつかれさま。今週のいつだったっけ。
 「松浪」は57年続いているお好み焼き屋さんで、一軒家。そこの個室(? 階段下の小部屋)で乾杯。この部屋は緒形拳さんが毎月1回、利用していたそうで、私も見かけたことがある。

 昨日はモザンビークの大臣お二人とお会いして。

 来週からの海外出張の仕込みがまだ終わっていない。ま、いいか。ライブのメールで詰めていこう。ドタバタ、今日、訪問(?)国が決まったよ。

 クルマの中で寝て、イエのソファで寝て、フトンで寝たのは延べ何時間か。眠れればいい。
 暑くもなく、寒くもなく、いい季節だ。
 キンモクセイの香りにまた酔って。


 週末は予定ばかり多い。ドタキャン3つしたい。

#id08100003 | 雑ネタ | posted by 鍜治真起

2008年10月06日 17:45

月曜日。

 ああ、先週が終われば今週が来る。今週が終われば来週が来る。来週から世界一周だった。いつものようにスケジュール、アバウト。出かけるまでにやることは? ハイ、自分で決めます。

 縁日の綿飴のようにふわふわ、もやもやしているアタマをそろそろ固めなければ。といって、この30分くらいで、今夜も飲むことになってしまった。ダブルブッキングだ、同じ店で同時進行だ。
 昨日、おとといのテニス合宿アンド棒振り宴会で酒が抜けない今。
 エアビールにするか。あ、このネタはこの前の倉庫引っ越しのあとの宴会で、シブ(書店営業)とナカタケ(渉外)の会話で生まれた。
 私が突っ込んだ。
 「シブちゃん、エアシゴトしているんじゃないだろうな」
 「あ、あ、あ、ダイジョブです」


 では体に気をつけて飲んできます。牧師のタムちゃんとか、サンパウロ(ブラジル)から来た六文字さん(日本人、推定48才、姓名を漢字で書くと6文字)とかと。
 明日は明日の太陽が昇る。

#id08100002 | ニコリ | posted by 鍜治真起