2009年01月28日 18:06

書けない来客。

 昨日、今日は書けない来客。ニコリのパズルのファンでよかった。数独談義が続いてよかった。
 「なんでこんなお仕事を始めたんですか」
 そりゃあそうだ。どの国に行っても聞かれる。

 私のブログを見られると、ホントに仕事をしてなさそうだ。生々しい仕事の話は書けない。

 たまには訳が分からない文章でも許してください。いつもそうか。ハイ。


 先週、ある本屋さんで、買いたい本を調べてもらった。検索したらあった。
 「お客様、5階の売り場にありましたので、5階のレジカウンターに行っていただけますか」
 「あ、どうもありがとう」
 「ここは7階なので、あの階段を下りまして、そこが6階なので、また階段を下りまして5階にお越しください」
 うーむ。
 私は大人だ。7階にいることを重々承知だ。カンタンに5階に行ける。うーむ。
 世の中面白い、というより、なんかむしゃくしゃしてきたのだった。


 これから「つ多」へ。その1軒だけで帰ろうと思う。

#id09010008 | ニコリ | posted by 鍜治真起

2009年01月23日 19:15

決まり手。

 相撲の決まり手で、寄り切り、押し出しなどは能動的で納得するが、「勇み足」「腰砕け」は受動的で気持ち悪い。いっそのこと「勇み足させ」とか「腰砕き」にしたらどうか。勝った方も胸を張れる。余計なお世話か。ハイ。

 競馬、競輪の決まり手は、逃げ、差し、追い込みなど。そんな中、競艇が面白い。先マイ、まくり差しなどと並んで、ときどき「恵まれ」があるのだ。
 スタートして1コーナーを回るときに、先行艇(複数)が張り合って外に飛んでいって、後続艇がちょこっと小回りしてトップに立ち、勝ったときなどに使う。ま、漁夫の利とでも言うのでしょうか。
 最初にこの決まり手を見つけたときは、びっくりして笑ってしまった。なんか、勝った選手に失礼なんじゃないの? とも思った。しかし実際にそんなレースに出っ食わすと、ホントに恵まれていたわけで、うまい付け方と感心した。

 勇み足も「恵まれ」がいいかな。つき手、つき膝も「恵まれ」にしませんか。

 人生、戦いの日々だとして、毎日を星取り表に付けていくのも面白い。
 1月1日から4日までは正月休みだったから、ま、大目に見て白星4つ。
 5日は顔合わせの御神酒でいい気分、白星。初日から5連勝だ。
 6日の火曜から土曜まで毎日二日酔いだったから、黒星。5連敗。ああ。
 そのあとは…。やめた。暗くなってきた。
 センター試験の日は、キミたちはどうでしたか。白星? 黒星?

 来週で1月が終わるのか。あらあら。アフリカ行きの手配をマジメに急がねば。

#id09010007 | ギャンブル | posted by 鍜治真起

2009年01月22日 16:40

ヒロとヒビの日々。

 ヒロ(NYの弁護士)が日本に来て1カ月。ニコリでの仕事も順調だ。1日中、何を食べるか考えてばかりいる、歩く胃袋。
 先週の夜、うちのスタッフと飲んでいて。背中をさすっているヒロ。
 「どうしたんですか」
 「おととい、カジシャチョーに思いきり後ろからここ、足蹴りされたんですよ。カジシャチョー、覚えてますか」
 「忘れた」
 「スナックでシマさんとオカピーさんが、永ちゃんの歌をガンガンに歌っているときに、カジシャチョーも乗っちゃって、そんときですよ、けっ飛ばしてきたの」
 「あーあんときね」
 「みなさん実はですね。その前の日に自転車で後ろからぶつけられたんですよ。夜に横断歩道を渡ろうとしたらおばちゃんにどかんと。もー倒れましたよ。で、翌朝が痛くて痛くて。ヒビ入ってるんですかね。で、サランラップっていうんですか」
 「サロンパス」
 「えっあ、それです、それを買ってですね(後略)」
 それだけしゃべれれば、うるさければヒビもくっついている。

 今週は30代から40代前半の連中とばかり飲んでいる。みんな元気だ。鼻っ柱が強くていい。常識を外れているのがいい。業界に風穴を開けて叩かれている社長はへこたれていない。好きにしなさい。金はあとからついてくる。


 今週末は1年に1回の、むさ苦しい競馬仲間の集まり。しゃべりすぎるぞ。出るカジは打たれる。

#id09010006 | 雑ネタ | posted by 鍜治真起

2009年01月14日 18:23

ロウバイ。

 ロウバイの香りがいい。花は淡い黄色で、そのぷっくらしたカタチが、飾らないカンジでいい。
 センリョウのオレンジ色の実が光っていて、つやつやでいい。

 この大相撲初場所ライブは、2人横綱、5人大関なので豪華俳優そろい踏みの気分。個性のある脇役俳優はちゃかちゃかした相撲をとってくれて、力を入れずに見ることができた。そんな日もあっていい。

 石打の「ロッジ一幸」の大将は元気だった。
 が、先日、胃ガンの手術で割腹し、今はおかゆだという。
 「シャチョーも腹、切ってるんだよなあ。オレのこのくらいだけど、シャチョーのは?」と、大将、自分の傷を見せてくれた。5センチくらいか。私も腹の傷を見せた。
 「ああ、それは長いや。オレの倍以上あるよ。同じとこ2回切ってるんでしょ」
 「そう。30年以上前の手術だからなあ」
 いい大人が台所で腹を見せ合って。カジカ酒がすすむ。

 イラストレイターの黒田さんとは、ハシゴしてイエに帰ったのは朝の6時頃。彼は70才だが、まあ若い。今週はおとなしくしていよう、と今は思う。

#id09010005 | 雑ネタ | posted by 鍜治真起

2009年01月08日 16:57

寒いイエ。

 ある事情で私は今、寒いイエを借りて住んでいる。築50年の木造、1軒家。隙間だらけ、傾斜だらけ、スイッチがつかないだらけ。ひたすら寒い。
 深夜に帰ると、外の格好のまんま、フトンに入っている。靴下も脱がずに。
 2階のその部屋に暖房器具はなし。ひたすら忍ぐ。首周りにブランケットを掛けて、朝はそれが覆面になっている。
 こんな生活、生まれて初めてかもしれない。

 大昔、尾瀬の長蔵小屋で、缶詰のアンチョビのように1泊したことがあったが、それでもシュラフは暖かかった。他人の歯ぎしりも暖かいから許せた。

 大昔、石神井高校の山小屋が八方の黒菱ゲレンデの下にあって(今もある)、そこの居間でみんな、コタツに足を突っ込んで四方に寝たが、そのときは屋根から雪がチラチラ、宝石のように舞い降りてきて、ま、若いから耐えられた。掛け布団に雪が積もった。

 今のイエの風呂も昔の沸かし方。これが私には使えない。操作できない。
 かみさんがおととい、言った。
 「世界一の不器用もの」

 今晩か明日、東京に雪が降るかも、という。ああ。
 寒い人よ、お察しします。


 これからアフリカの話をする新年会に呼ばれて。明日はイラストレイターの黒田さんと会って。明後日はラグビーの大学選手権を国立競技場で見て、石打(新潟県)で1泊。日曜日は新宿のサザンタワーで会食。月曜日は相撲だったか。京王閣に行く暇はないのだろうか。湯たんぽ、買うか。

#id09010004 | 雑ネタ | posted by 鍜治真起

2009年01月06日 18:33

こんなかんじ。

 今年は時間が過ぎるのが長い。まだ6日だ。若返ったのだろうか。

 3日は初打ち。若洲ゴルフリンクス(東京都)へ。私が幹事で3組。
 朝、ゴルフ場に着いたら1人、多く来ている。またやってしまった。12月に飲んだ席で誰彼かまわず誘っていたからなあ。
 せいうち師匠(ヘラブナの)が人間ができていて、
 「カジさん、オレ、この先のコースのメンバーだからそっちへ行きますよ。夜、どこにいますか?」
 「ごめん、師匠。湯島で飲んでいるのでゼヒ」
 夜、合流して一緒に飲んだ。
 「セイウチ師匠、あっちでいくつでした?」
 「あ、47、42でしたね」
 「じゃ、今回、個人ハンディ戦なので、4位」

 去年は、朝の集合時間に2人が来ない。私が幹事。
 2人に電話した。
 「今どこ?」
 「家だよ。どしたの?」
 「今日、コンペなんだけど」
 「ハアッ? 連絡来なかったぞ」
 「あ、ごめん、おやすみ」

 「今どこ?」
 「おおう、カジ。いい天気だよお。どした? 何かあったか?」
 「今日、コンペなんだけど」
 「ハアッ? 何にもあのあとないから、こっちのゴルフ場に来たよ」
 「あ、ごめん、お互いがんばろうな」

 こんな幹事。
 ゴルフ場での失策、数知れず。

 これから3件。すべて違う街で。また昨日と同じ、3時帰りか。

#id09010003 | 雑ネタ | posted by 鍜治真起

2009年01月05日 15:52

見て見ぬふり。

 なけなしの 愛をはたいて 旅に出る

 いいなあ。昔の私のコピーだった。昨日だかおとといだかも旅に出て、トホホの帰り道だった。しかし競輪の野次はキツくて、よくそこまでグサッとくる悪口を言えるものだと感心してしまう。じいさん、よくそこまで震えながら怒号を飛ばしておいて、脳溢血にならないかと思うと感心してしまう。
 そこで佐藤友和(トップレーサー)は若いのに大人だ。コメントがいい。
 「ボクを買ってくれてるから、あれだけ言われるんです。それを励みにがんばります」 
 今、競輪の野次がダントツで面白い。

 今朝はスタッフ全員で顔合わせの御神酒。昼もNYから来ているヒロと御神酒。午後にワシントンD.Cから打ち合わせで来社されたリサさんとも御神酒。

 今年の私の抱負は
「見て見ぬふり 聞いて聞かぬふり」
 日本人だけがもつ、大人のDNAを実践します。距離を持たぬと世界で通用しません。日本のために、ではなくまず、自分のために。自分のために学びます。楽しみます。
 以上、カジ語でした。


 今週末はって、まだはやいな。始まったばかりじゃないか、キミ。

#id09010002 | 雑ネタ | posted by 鍜治真起

2009年01月02日 14:07

今日も今日とて。

 31日。除夜の金を聞きながら、深大寺へ。夜中の1時に参拝客は2000人以上いたか。
 お参りして、私のおみくじは、またも「凶」。去年もここでは凶だった。深大寺は厳しい。
 
 今日も凶と出。

 今年もよろしく遊び歩きます。

 年末は、大阪、尾道、小倉、若松、博多あたりをふらふらして過ぎた。心中未遂をしたKさん夫妻は元気でよかった。料理屋「いとちひさき」のカッシーも相変わらずうるさくてよかった。書店の方も元気でうれしい。バー「六花」のママもおでこが元気でよかった。

 30日の平塚競輪場は、グランプリで2万人の入り。井上昌己の達観した走りがよかった。平常心が大事だのお。3コーナー後ろの豚汁がひたすらうまかったことだけ記憶に残し、年が変わる。


 昨日の深夜。小田急線の下りで、客は1両に4,5人。
 おじいさんが1人で、ボソッと、「あ、通り過ぎたみたいだなあ」
 前にいた青年が、「どの駅ですか?」
 おじいさん「黒川」
 青年「ああ、2つ前ですねえ」
 おじいさん「何も分かんないんだよ」
 青年「あ、じゃ、次の駅で降りて戻りましょう。ボクも降りますので」
 おじいさん「すまんね」

 青年よ、2009年は一緒に日本を明るくしよう。

#id09010001 | 雑ネタ | posted by 鍜治真起
end of entries.