2009年08月31日 18:22

地殻変動。

 2005年の9月中旬だったか。私はロンドンのピカデリー近くの日本食屋で、久しぶりに日本の新聞を読んだ。小泉政権が320議席以上をとって圧勝、のニュースが1面だった。
 その翌日、ロンドンの日本大使館勤務のN女史と食事。彼女が言う。
 「カジさん、イギリスの新聞の社説にも出ていましたよ、日本の選挙のことが」
 「へえ、こっちの人も関心があるんですかねえ」
 「いや、その記事がすごいんですよ、カジさん、びっくりしますよ、いいですか」
 え、どれどれ? 覗いたその新聞はタイムズだったか。
 「ほら、コイズミが驚くべき大勝をした、like SUDOKU.  ね、まるで数独のようだ、と書いてあるんですよ」
 「え、何ですって、何なに?」
 「これってどういう意味なんですか、分かります?」
 「ははあ、こっちで今、数独があっという間に広がって人気沸騰だから、嵐のようなカンジのコイズミパワーだってことじゃないですかね」
 「それなら分かりますね、SUDOKUもジャパニーズパズルですからね。イギリス人らしいですね」

 思えばあの瞬間から日本は、イギリス、アメリカのような2大政党政治に変わっていく。そうすると今回も「赤」が「黒」になったと思えばいい。「地殻変動」といった重い単語を吐くのは1週間くらいにして、与党はいっこいっこ、詰めていけばいい。
 4年後に「黒」の国民、「赤」の国民、となって選挙で審判すればいい。

 あのときはどの国からも最初にインタビューで聞かれ、「ハイ、コイズミ認めます。でも」と応え始めたのだった。
 今もそうだ。まず現首相を認めることから始める。そうしないと、自分が日本人ではなくなるのだ。外国人から教わることは多い。


 話題を変える。先週はひたすら日本のテレビを見ていたので。


  5年前だったか。ボランティアで、小学校生に「覚醒剤の恐ろしさ」をビデオで教えることに加わった。そんなこと、私も初めて。
 その座長が言った。
 「カジさん、10年前まではこの講座、高校2,3年生の前でやっていたんですよ。それがたった10年で小学校6年生まで下りてきた。その授業を借りてやっているんです。飴玉だと思っちゃう子どもが出てきた。外国はどうですか。どういう取り組みをしているんですか」

 芸能人の覚醒剤のニュースが垂れ流されていて、一向に覚醒剤が「芸能番組」から「情報番組」にいかない。個人の報道(裁判方面)から、覚醒剤の実態に移らない。
 不思議なことだ。そんなにあの芸能人は有名だったの? 分からん。


 「地殻変動」なら、マスコミも地殻変動ほどのチェンジが必要です。
 日本のメディア、出版界、新聞界はホントに変わらんなあ。
 

 といって、いちばん先週、うれしかったのはゴルフのイマノ(今野康晴)さんがプレーオフまでいったこと。復調なってきたぞ。よかった、よかった。

#id09080005 | 雑ネタ | posted by 鍜治真起

2009年08月21日 17:30

夏休み。

 わたくしこと、カジマキ、明日から行方不明です。夏休み。
 みなさま、よいお年を。
 更新は推定9月1日です。

#id09080004 | ニコリ | posted by 鍜治真起

2009年08月17日 12:29

べんきでね。

 新潟県、越後妻有(つまり)で展開されている「大地の芸術祭」トリエンナーレを巡ってきた。これがまあ面白い。
 世界に名だたる豪雪地帯を舞台に今、芸術作品が青空の下、これでもかと、そこら中にあるのだ。
 見られるものなら見てみろ、と誘惑し、広範囲にわたってのイベント。
 10年近く前に、讃岐うどんツアーを毎年やっていて、香川がさながら「うどんのテーマパーク」のようだった、それに近いノリ。

 あれも見たい、これも見たい。私のお気に入りはあれ。あなたのお気に入りはこれかも。

 芸術って理屈のかたまりだが、ギャラリーは理屈抜きで見る。これがいい。

 真っ青な空に、たかあいいわし雲、小高い山々が芸術以上。
 村落の人々が優しい、元気。
 空気が甘い。


 どこのトイレもきれいになった。
 7、8年前から急に、JRから公共の物から、一気にトイレが洋式になっていった。
 北京オリンピック(去年)で欧米の観客が日本に流れてくるので、中国と日本は違うんだぞ、と整備していった。強引な私見です。


 大昔、学生の頃(37年前)、ガールフレンドはムサビ(武蔵野美術大学)のID(工業デザイン)専攻で、「洗面台をつくる」というので、東京のデパート・トイレ巡りデートをしたことがあった。
 1日に10カ所以上を見て回ったか。あまりに差があったのでビックリしたことを覚えている。
 確か、新宿のOデパートだけが、乳児用のベッドを設けていた。銀座のMデパートだけが真鍮の備品で格調高かった。銀座のMMはスペースが1.5倍だった。
 それ以来、便器に興味を持つようになった。

 毎回の世界旅行でも、便器メーカーをチェックするのが常になっている。
 バラハス空港(マドリー)のは「ラウフェン」。リスボン空港は「ヴァラダレス」。JFK(NY)は「アメリカン・スタンダード」。モザンビークのマプートは「ヴァアル」。ベリーニは「ヒンドスタン」。香港は「ロッカ」。台北は「ラウフェン」。
 先日の上海のホテルが「TOTO」だったなあ。「INAX」も最近、元気だ。

 ではBGMを。TOTOの「ロザンナ」をどうぞ。このバンドは日本でおしっこをしながら命名したのだった。

 「行っトイレ、べんきでね」は何十年前のダジャレだったか。ああ。


 今週は働きますよ。来週は休みますよ。

#id09080003 | 雑ネタ | posted by 鍜治真起

2009年08月10日 14:01

根回し。

 造園屋のトミさんが言う。
 「大きな樹を移すときは、張っている根を切らなければいけないんだよ。幹の周り1mくらいでかなあ、それを1年前にやるの。これを『根回し』って言うんだよ。てっぺんも切ってね。そうすると樹も、もうすぐお嫁に行くんですねって分かる。パッと掘ってパッと持っていくんじゃないんだよ」
 へええ。

 先週は社員がお嫁に行き、私は結婚式に遅刻してすぐ、スピーチ。最近のスピーチは「まとめない」ことにしているので、今回も。
 新郎のプロフィールで、「なわとびの3重飛びを10回できる」と聞いたので、「私は高校のときに27回できました。4重飛びは4回できました」と自慢した。新郎とも張り合いたい私である。
 あとは何を言ったか、忘れた。

 ここんとこ天気が変わるので新鮮だ。
 治水できないのが人間であることを実感する。
 「はっきりしない天気」なら分かるが、「すっきりしない天気」は天気に失礼じゃないかと思う。
 私はすっきりしてますよ、天気は変わるものと思っているから。

 上海で今年初めてトンボを見て、帰ってきてセミを見て。ゴルフ場でミミズを見て。
 そういえば、モグラは、人生で一度も見たことがないかも。今年後半の目標は「モグラを見ること」にしようか。
 競馬場にいないかなあ。


 今週はのんびりです。今週も、か。

#id09080002 | 雑ネタ | posted by 鍜治真起

2009年08月03日 09:56

前。

 今日は夜明け前、4時頃に目が覚めた。
 いつ寝てしまったのか。蒲団までたどりつけず、ソファに寝ていたのだった。夜食を食べるのには遅すぎ、それからなんだかんだ、熊のように歩き回っていた。

 今週は夏休み前。いろんな行事がある。
 5日の水曜日は、茅ヶ崎の長谷川書店で講演をします。北口のすぐ左側のお店の上のホールで。午後1時から。
 お近くの方、遠方の方、お気軽にどうぞ。この書店が「ニコリ出張馬房」の第1号店(?)です。茅ヶ崎がニコリ発祥の地でありました。
 (長谷川の親父さん、書いたよ)
 追伸・解き方講座もやります。

 今は朝礼前。毎週月曜日の10時に全員が顔をそろえるのです。これは価値がある。

#id09080001 | ニコリ | posted by 鍜治真起
end of entries.