2010年05月28日 16:29

ダービーとSu Doku。

 明後日のダービーも当たる気がしない。第77回かあ。今までダービーは2回しか当たったことがない。
 第44回のラッキールーラのときは、大喜びでそのとき付きあっていた彼女の大学(ムサビ)に行って、彼女の男友達10人くらいの喫茶店代ゼンブを払った。
 第59回のミホノブルボンのときは、私の本命、チョー穴馬のライスシャワーが2着に来て、ン百万(通貨内緒)儲けて、社員全員と海外旅行に行った。
 ああ、あれから20年近くが経つ。いつのまにか百円単位のギャンブルになり。神に見捨てられ、紙くずばかりをつかまされ、もういいんだ、オレなんかの現在。


 1980年。パズル雑誌をつくったが、雑誌名が決まらない。
 私は印刷会社のサラリーマンで、第1期の電話投票会員になった頃。
 まあ、公衆電話からの投票は10円玉がどんどんなくなっていった。「買う目」をオペレーターが復唱するのですよ。生声で。買い目を3分言えば、復唱でまた3分かかる。それを私は、聞いているだけ。今思えば相互交流の電話応対だったなあ。
 そんで印刷会社の話。
 工場に新人が入り、「カジ、おまえのヘンな本、来週新人に刷らせるからはやく題名決めな」
 そうだ。1カ月くらい雑誌のフィルム(版)が放っとかれていたんだ。決めなければ。 
 と、翌日の水曜日だったか。浜松町の喫茶店でモーニングセットを頼み、サンケイスポーツの競馬欄を見ていた。
 そこに海外ニュース(3行くらい)があり、今週末のイギリス・ダービーの本命は「ニコリ」と書かれていた。
 これだっと雑誌名を「ニコリ」にした。


 さっきヒゲモジャのトシキからメールがあって、フランスで走っているSu Dokuという馬の近況報告だった。
 現在5才。牡。3年前のデビュー戦を勝ったあと、なんと20連敗。
 今年の5月に復帰したが、なんと障害馬としてだって。ああ。
 で、2回走り、8着、8着だという。ああ。
 今現在、世界各国で4頭のSu Dokuが走っているとのこと。フランスの彼だけが勝利をあげた出世頭(?)らしい。ふーん。
 しかし、彼の母親の名前が素晴らしい。Labyrinth(迷宮)だと。その父親の名前もえらい。Exit To Nowhereだよ。そのセンスがいい。


 昨日は青葉台で、東急ストアの「ママ大学」で数独パフォーマンスをした。100人以上のママさんに喜ばれてよかった。散らかった話で失礼しました。またお会いしましょう。

#id10050009 | ギャンブル | posted by 鍜治真起

2010年05月25日 17:17

いろいろアタマ。

 先週は日替わりアタマだった。
 立場をわきまえてしゃべらなければならぬ会が多く、しばらくパズル界だけに身を置いて暮らしていたので、切り替えがしんどかった。チマタの動きははやいなあ。

 スタッフにときどき「だからにわとりアタマなんだよ」と怒る(諭す?)ことがある。私の発言に対して、リトマス試験紙のように何も考えずにすぐ反応したときなど。
 しかし実はにわとりアタマって好きだ。落語の熊さん、八つぁんのようなカンジで毒がない。

 イエの外に風呂をつくったので、私は露天風呂の気分で入っている。
 先週は酒を抜くために入り、寝起きに入り、カラダを洗うために入り、と朝昼夜関係なく入った。
 かみさんが言った。
 「さっき入ったの忘れてんじゃないの?」
 私は能動的に入っているのだが、世間ではボケアタマになったと思われているようだ。

 キャノンEOSの週刊誌広告のリードが面白い。
 「(前略)一眼レフのボケ味が生み出すやわらかな世界を、一台の列車が美しく通りすぎていく。」
 確かに写真での、列車の手前と遠くがぼけている。
 「ボケ味」と堂々と単語にした度胸が素晴らしい。

#id10050008 | 雑ネタ | posted by 鍜治真起

2010年05月19日 17:37

小ネタ・テレビ編。

 外国ではテレビを見ていた。日本では見ない。
 ブルックリンの小さなホテルでは数百チャンネルをザッピングしつつ、NBL(バスケットボール)のプレーオフにはまっていた。
 「ヒロ、昨日コービー、14点しか取れなかったけど、そんなこと今までにないんじゃないの」
 「そうですね。でも言っていいですか。彼はクラッチプレイヤーなんで大丈夫です」
 「えっ 何それ?」
 「ここ一番に強い選手をそう言うんです。彼、ハンパないですよ、マッキーさん」
 またどこまでもしゃべり続けるヒロだった。しかしヒロのフィールドは広い。
 

 マンハッタンのホテルではNHKの海外24時間放送チャンネルがあって、「将棋ジャーナル」を食い入って見てしまった。
 「将棋界の情報をお伝えします」
 将棋界、いいなあ。
 私はパズル界にアタマも動きも浸かっていたので新鮮だぞ。
 「この手は味がいいですね」との解説。
 ほほう、将棋にも「味がいい」という使い方があるんだあ。いいなあ。
 パズル界では「解き味」という言葉がある。ま、うちの読者と使っているだけなのですがね。
 今日、名人戦の第4局が決着する。羽生名人の4連勝で決まるのだろうか。将棋も格闘技ですね。あ、ごめん、王を捕るのだから戦争か。そうかそうか。


 おととい、チマタの洋食屋で。
 メニューに「ポテトとかにクリームの」とあった。
 おおう? ポテトとかだと? ルーズじゃないかあ、それ?
 次の行に「ミックスコロッケ」だと。
 カニクリームコロッケ方面でした。
 未だに日本語を勉強している私です。

#id10050007 | 雑ネタ | posted by 鍜治真起

2010年05月15日 12:00

ピアノ・デイズ。

 今日は土曜日。快晴。世界に自慢できる五月晴れだ。馬券を当てて、夜は新宿ピットインに、マグナス・ヨルトの閃光ピアノを聴いてくるぞ。マグナスとバトルするのはペーターの攻撃的なベース、池長一美さんの天真爛漫なドラムスだ。わくわくする。

 ピアノと言えば、アメリカ2往復の機内で、「ヴエナ・ヴィスタ・ソシアル・クラブ」を飽きるほど再生して観ていたのだった。キューバ音楽の真髄を見せてくれて、鳥肌が立ちっ放し。私は座りっ放しの13時間、4回も苦にならず。
 90才のベリーン・ゴンザレスのピアノが天にも昇る心地。80才のコンパイ・セグンドの声が、ああ、なんと色気があるのだ。

 そんで明日は東京に、馬のブエナビスタが来る。イエでバーベキューをしながら彼女の圧勝劇に酔うぞ。

 月曜日が来ればまた、吉祥寺サムタイムでマグナスの日本最終公演だ。ああ、ぜいたくな日々が続く。

 あ、そうだ、おとといはロンドンから来た丸ちゃんと飲んだのだった。彼のお母さんはアルツハイマーで、誰が誰かの見分けもつかぬが、ピアノだけはきちんと2曲、弾くという。2曲目は猫ふんじゃった。
 「ねこふんじゃった ねこふんじゃった おしまいって指が動くんだよなあ。笑っちゃうだろ」
 丸ちゃんの底からの笑顔がいい。母親との関係が私に元気をくれる。

#id10050006 | 雑ネタ | posted by 鍜治真起

2010年05月11日 17:45

カジナビ。

 東京に帰ってきました。今回の海外出張は長く感じたなあ。アメリカだけの出張だったので、まだアメリカの磁力が強く、イエに帰っても馴染みの温泉宿に来た気分。トネリコの花もいない間に咲いて散ったらしく、見ることができず、残念。
 浅草橋からの左右衛門橋通りは、蔵前橋通りまでの街路樹がマロニエで、今が満開です。紅い大きな冠のような花が天に伸びて気分が晴れる。お茶の水のマロニエ通りの方が樹がでかくて壮観。今シーズンは左右衛門橋通りを愛でて我慢するか。


 今朝はクルマで会社まで。ナビの目的地を新潟県新発田市に設定したら、335辧10時間40分かかります、という表示。「推奨ルート」を「距離優先ルート」に変更して走る。 
 長距離ドライブで走る気分がいい。妄想気分。
 最近は都内から都内への移動でも、東なら青森を目的地にしたり、西なら広島を目的地に設定して遊んでいる。

 ナビの「音声」を消しているので、誰からも「それ、ナビの意味ないじゃないですか」と言われる。いいのです。あの非現実レディアナウンスが耳障りなので。


 アメリカでツユダク運転のクルマでドライブ中、何回もハイウェイを間違えて乗ったり降りたり。
 「このナビ、GPSがおかしいんですよねえ」
 ふーん、そうなのかあ。仕組みが分からないわたくしです。

 昨日のニュースで、GPSに関係する衛生が軌道を外しているので対応策を検討している、と言っていた。
 ふーむ。ツユダクとのときもそれが原因なのかねえ。それともツユダクのクルマ個人の話なのですかねえ。


 
 2年前か。スペインでサントスのクルマに乗ったとき。
 サントスが「マキ」と言って、ナビの設定を替えたらいきなり音声で「あと350メートル、右方向です」と日本語女性が出てきたときは驚いた。
 私はたいへん驚いたのですが、メカに強い人は「少し驚いた」程度なのでしょうか。


 これからしばらく日本です。外泊勤務なしです。

#id10050005 | 雑ネタ | posted by 鍜治真起

2010年05月09日 21:25

輝いていた高校生。

 6日はNY郊外でゴルフ。アメリカでのゴルフは、ヒゲもじゃのトシキとラスベガスでラウンドして以来だから、2年ぶりか。
 マイク&ツユダク兄弟とノリック、私の4人。みんなドライバーがあたらず、毎ホール散っていき、グリーンで「おう、久しぶり」という気楽なゴルフだった。
 4人のスコア合計は450。「オリンピック」「動物園」などのゲームでは、私の一人勝ちで、タダの晩飯は、ああうまかったこと。


 7日はこちらに来て急遽決まった数独パフォーマンス。
 ニュージャージーの進学高校に行って、50分の授業(?)を2つ持たせてもらった。
 これがまた盛り上がったイベントになってしまって。
 
 急に決まった理由が面白い。
 2週間前にあるところでパフォーマンスしたとき。
 その日は雨が強くなり、60人くらいの参加予定が10人になった。
 みなさん高年齢の大人たちばかりだったので、会社の話、ビジネスの話、数独の広がりの話を中心にした。
 「一般の方はもちろん、小学校から大学まで呼ばれたらどこでも出かけてます。学校ではパズルのことばかりしゃべるんですけどね」
 そこに上記の高校の先生がいたのだった。

 「私が教えている子どもたちにも話していただけますか。みんな数独が大好きなんですよ」
 「はい、うれしいですねえ。4日から7日までのどこかならオーケーです」

 そんで7日ということになり、当初はヨーコ先生の子どもたち20人くらいにパフォーマンスする予定だった。
 そのことをヨーコ先生が校長先生に話したら、
 「それは素晴らしい。その時間のあと、『数学』の授業がある先生たちに言って、まとめて数独の授業にしましょう」となった。

 7日の2回目のパフォーマンスに集まった高校生はなんと250人。教室の奥にあるカフェテリアが舞台。がらがらのカフェテリアがいっぺんにうまったときは、私も一瞬、膝が震えましたよ。雨の日にしゃべったことがパワーポイントでの講義に落とし込まれていて。ヨーコ先生のおかげさま。でかいスクリーンを使って私もほとんど片言英語でOK。通訳なし。お、受けているぞ。トリックパズルも大受け。サイゴの質問にも私は自力で英語で答えていた。おおう、通じたぞ。数独コンテストも全員必死になって解いていた。ニコリ手ぬぐいを賞品に渡したら、さっそくハチマキにして大喜びする高校生たち。先生が解くのが遅いのでからかう生徒たち。まったくアメリカ人のノリは別格ですね。
 
 終わって、ヨーコ先生のご自宅で一服。
 「マキさん、ビジネスを教えている先生がね、商標登録をしなかったことについて、今度いらしたら授業をしてくださいって。それからね、物理の先生もさっきあなたの授業を聞いていて、あのリング&チェーンを物理の授業でやってくださいって」
 「へええ。うれしいですねえ。でもボクは遊びの話しかできませんからね」
 「それがいいんですよ。子どもたちが授業を喜んでくれればいいんですよ、どの先生も」
 「へええ。面白いなあ」

 この高校の中には託児所があって、先生の子どもや近所の子どもを預かっていた。高校生は授業としてベビーシッターもやるのだった。


 NYサイゴの朝です。快晴。これからマンハッタンのホテルをチェックアウトして帰国します。競馬はG1が続くんだよなあ。ただいま36連敗中です。

#id10050004 | 出張 | posted by 鍜治真起

2010年05月05日 19:23

順調に負けています。

 この下のブログ、「無意味な遊び」の意味は、5月5日5時55分に送ったら面白いかな、とやってみたら、あのようにampm表示ではなかったので、何の意味もなかったのでした。こちらの時計表示は上記のようにきれいだったのですけどね。
 このように、勘は働くのだが、詰めが甘いのです、昨日のアメリカ競馬も。

 昨日から1泊でカジノに来ている。今日は大逆転の大儲けをして、またのんびり5時間かけて電車でNYに戻る予定。

 
 4日から8日までは私も休みをいただいて、サンパウロに行くつもりだったが、ビザが必要だと、こっちに来て分かった。あれま。手配できないよ。なので、こんな動きにした。詰めが甘い。爪を切ろうっと。

 アトランティックシティ、海岸沿いのホテルにて。まだ身ぐるみ剥がされていません。

#id10050003 | 出張 | posted by 鍜治真起

2010年05月05日 18:55

無意味な遊び。

 5月5日の早朝。大西洋に面したアトランティックシティのホテルです。「東海岸のラスベガス」がこのアト(中略)シティ。負け続けてアタマが眠れない現在です。
 あ、ちょっと待って。

#id10050002 | 出張 | posted by 鍜治真起