2010年07月26日 18:35

移動する生きもの。

 実はわたくし、「移動」という言葉が大好きだ。
 医学的に見ると、人間は移動できることで「生きもの」を実感する。謙虚になる。
 経済学的に見ると、人間は移動できることで「侵略」する。傲慢になる。動物は食べものがあれば侵略しない。


 昆虫

 とにかく暑いので、テニスコート内を走ればヒーヒー。ゴルフ場内を回れば暑くて林の中から出たくなくなり、カブトムシを捕まえてずっと遊んでいた。同伴者は行ってしまった。でかいカブトムシは「つ多」のコンペの賞品にしてあげた。

 テラミツ師匠(BBQの師匠)に連れられて、那須塩原峡に行き、シーズン最後のホタルを見てきた。ニシコク(西国分寺)のノリは初めてホタルを捕まえて大喜び。私は雨の中、旅館のフクさんに懐中電灯で地面を照らしてもらって、沢ガニ捕り。

 かみさんは「イエに玉虫が来たわよ。初めて見た」と言う。それはよかった。

 私はどこかで、干からびていないミミズを見ることができて満足。ミミズは地面の毛細血管です。

 イエから歩いて10分の深大寺で、ホオズキ祭りをやっていたので冷やかしに行ったら、オオムラサキを見せる小屋があった。懐かしくなる。

 モンシロチョウは酔っぱらっているよなフワフワ飛行。私が酔っぱらっていた。


 今週は50匏内を移動するにとどめます。

#id10070006 | 雑ネタ | posted by 鍜治真起

2010年07月22日 12:17

人間移動。

 世界各国、夏以外の朝8時過ぎからは人間移動がピークを迎える。都会では電車を1時間に24本、27本走らせる。駆け込まなくてもすぐ後ろに次の電車が待っている。
 夏は少し人間がいなくなり、クルマも少しいなくなり。

 下世話な感想ですが、そんな時間、ロンドンのウォータールー(ワーテルロー)というターミナル駅はまあ、美人が多かった。出勤するOLがみんなモデルに見えた。ファッションが実に個性的だった。
 東京とNYはターミナル駅から吐き出された人たちがあっという間に地下やビルにのみこまれていく。

 ランチ時。世界各都市、一人のランチは公園のベンチ、土手に座ってのひとときだったが、日本独特の「相席文化」を取り入れるレストランが10年くらい前から現れ、お店の長テーブルに座ってのランチがフツーに見られる。
 日本のおしぼり文化も楊枝文化も加速度的に広まっている。

 外国人は割り箸を割ったら、片手に1本づつ持ってちゃんちゃんばらばらのようにしていた。と思ったらある年から割った箸を、竹コプターか八卦のように、合わせた両手の真ん中にいれてくるくるさせていた。ああいった集団の流行はどこからくるのだろうか。
 面白い。


 先週末は昆虫に縁のある日々だった。今週末はテニスと歌舞伎だったか。ビールももう1年分飲んでしまったような気がする。

#id10070005 | 雑ネタ | posted by 鍜治真起

2010年07月13日 17:54

応援週間。

 京王閣開設61周年記念開催(4日間)が先週末にあって、地元の後閑信一が優勝。40才だから大したもんだ。レーサーの中で日本一恐い顔をしているのだが優しい男で、ファンに人気がある。私は負けたがレースはよかった。満足。


 高校野球の予選が始まって、ローカルの野球場も賑わっている。
 新聞は各地の1回戦から球児たちの名前を載せて、家族、親戚の応援も力が入る。羨ましい。
 私は高校のとき、テニスで国体のベスト8になった時点で初めて新聞に出た。長崎国体で、テニスは佐世保で行われたのだが、家族、友人の誰も応援には来なかった。1回戦で負けると思っていたのだろうか。甲子園でベスト8になったのと同じ価値(?)なのに、あの時代のテニスは日陰のスポーツだったよ。
 この年にサッカー部が大番狂わせで東京代表になったときもでかく取りあげてたんだよなあ。羨ましい。

 大昔、高校野球は朝日新聞が、大学野球は毎日新聞が、プロ野球は読売新聞が受け持って、野球の裾野を広げていった。大きな戦略がきちんとあると伸びていく。


 スタンドが満杯の野球場を通りすぎて、パチンコ屋を通りすぎようとしたら、手書きのでかい看板が目に入った。
 「新店長就任記念応援週間」だと。
 パチンコ屋の店長、うれしいだろうなあ。和む。


 F1のイギリスグランプリで、カムイ(小林)が6位に入賞した。これは特筆もの。素晴らしい。シルバーストーン・サーキットに行きたかった。彼はまだ23才だからこれから先、楽しみが一つ増えたぞ。


 今週は全英オープン(ゴルフ)が始まる。舞台はあのセントアンドリュースだ。出たかったなあ。


 魁皇が昨日、1002勝目を上げた。初日ははたき込みで勝ち、昨日は堂々の寄り切りだから素晴らしい。稽古はしなくていい。カラダを休めてください。九州場所(11月)までがんばってください。ぜいたくなお願いです。

#id10070004 | 雑ネタ | posted by 鍜治真起

2010年07月08日 12:16

発送、発想。

 ニコリ事務所の1階は倉庫(発送所)になっていて、サガワさんのクルマがよく横付けしている。
 周りの店より、ニコリの出荷量の方が多いので、サガワのあんちゃんは、うちの前にトラックを停めたまま、周りの店を走り回って集荷してくる。

 倉庫のすぐヨコがうちの駐車場。私がクルマで帰ってくると、駐車場までトラックが張り出しているので、サガワのあんちゃんを呼んで、トラックを動かしてもらう。

 さっきクルマで会社に来たら、サガワさんのトラックが停まっていた。
 ふと、バックミラーを見たら、向こうから白地に青い横縞のあんちゃんがこちらに来る。
 クルマの窓を開けて、手を振り、近づいたので「おーい、おはよう」と言ったら、その青年、キョトンとした顔して通りすぎていった。
 白地にヨコ青縞のポロシャツではあったが、青年のストライプは少し太かったのだった。 
 偶然のタイミングって面白い。


 世の中、地産地消の良さも言いながら、お取り寄せの旬なはやさも売り物にしている。 
 私は現地に行って食う派。お取り寄せの発想がない。
 「味は雰囲気」だと思っている。つくる人の顔、店のノレン、店の応対、盛られた器すべてに調味料が入っている。

 大昔、ニコリの社員旅行で石垣島に行った。浜辺でさんざん遊んでオリオンビール。またオリオンビール。サイゴはノブとあったまったオリオンビール。これがまたうまかったこと。
 帰ってきて、東京でオリオンビールを飲んだらまずかった。

 大昔、喜多方(福島)に行き、腹を空かしていざ、ラーメン。どの店も行列だったので、客が誰もいないラーメン屋にしょうがないから入った。このラーメンがまあ、うまかったこと。
 味は自分がつくる。


 今日は絶食です。明日は大腸ポリープの検査です。

#id10070003 | 雑ネタ | posted by 鍜治真起

2010年07月06日 18:07

火曜日にドボン。

 夏は放電。ホルモンはホーデンがうまい。しかしおいてある店が少ない。


 先日は卓を囲んだのだった。いつもの麻雀仲間と新宿で。店のおばあさんたち3人はみんな耳が遠い。1回に1つのことしか覚えられない。
 「焼酎のお湯割りとビールくださあい」
 「はあい。チューユひとつ」とおばあさん。
 「チューユって言うの? ハッピバースデイ・チューユ あ、ロン」とヒゲモジャのトシキ。私はまた振り込んだ。
 「ハイ、チューユ、おまちどおさまね」
 「あとビールもね」
 「はあい。ビールひとつ」
 「さっきオレもビール頼んだよなあ。あ、ロン」とジミー。私がまた振り込んでドボン。 
 ドボンと言うのは、その回で破産になること。1ゲーム終了です。ああ。


 先日は館山のヨット乗り、ヤマさんのヨットで内房の海岸線をのんびり走ったのだった。
 繋留してある桟橋からヨットに乗り移るとき、千葉のミヤちゃんが両手をヨットにつけたら、ヨットが離れていき、ミヤちゃん、両足は桟橋、両手はヨット状態のまま、カラダが伸びていき、海にドボン。みんな大笑いしたが、ミヤちゃん、上がって来れない。みんなあわてて、真剣になって救助しましたとも。服を着ていると重いんですね。


 昨日、ヒゲモジャのトシキがロサンジェルスに行くというので、私のサイン入り数独本を渡した。
 「カジさん、ファンから見た今回の相撲についてどう思う?」
 「簡単だね。NHKが中継をやめればいい。ダイジェストもやめ。興行はそのままやればいい。そんで1年後にスポンサーを見つけて民営にするかな。プロレスと同じように。そしたら自然にファンが国技かどうかを判断していく。歌舞伎座だって松竹の経営だからね」
 「今日のケーリン・ピック3をやろうか」
 「いいですねえ」
 生の有機野菜盛り合わせがうまい。浅草橋「あべにゅう」という料理屋で。芋焼酎がすすむ。
 いろんな話題に、インチキだよなあ、ウソツキだよなあ、が会話に多かった日だった。

#id10070002 | 雑ネタ | posted by 鍜治真起

2010年07月01日 14:19

DM。

 一日に数通のダイレクトメール(DM)が来る。大方の物は開封せずに破いて捨てる。ごめんなさい。

 先週、あるお寺からDMが来た。去年、墓石をつくったから、ま、そっち方面に情報が流れての売り込みだろうと、開けた。寺院墓石の専門会社からで、予想したとおりの内容。 
 読みながら面白かったので、私の独り言を以下に。
 「鍛治様にはますますご清福のことと(はいはい)  ほにゃらか寺は徳川家ゆかりのお寺として(わたくし鍜冶家で精一杯です)  貴家の菩提寺に相応しいお寺として(2コいらない)  お元気なうちに菩提寺をお決めになられ(今日も二日酔い)  この機会にご検討いただければ(DMが来た機会? カルイなあ)  鍛治様には(あのさあ)」
 売り込みの文句って、相当みなさん真剣に考えているので勉強になる。私には極端な異業種の霊園担当者からの文章は新鮮だった。

 元来、お寺は墓を持っていなかった。そちらのジャンルは関わりのない業種だった。いつからこうなったのだろう。


 封筒の表に「親展」とありながら、そのヨコに「経営者の皆様」とあるのも解せない。「皆様」が軽すぎないか。

 ある飲み屋のママは自分で新聞をつくってくる。これは面白い。請求書が入っていないのもいい。
 ある飲み屋のママは巻紙を送ってくるので、封筒が厚いのなんの。最初は驚いたが、今は読み飽きた。


 私が驚いてしまうDMならいつでもお受けします。

#id10070001 | 雑ネタ | posted by 鍜治真起
end of entries.