2014年12月31日 07:30

しめ縄。

 年が暮れ、年が明ける。冬晴れです。
 先日、生まれて初めてしめ縄をつくった。わらを木槌でなめし、7本ずつ束ねて、縒りながら編んでいく。面白いじゃないか。うまくできたぞ、2尺のしめ縄。と、オツジ師匠(しめなわづくりの)のと比べたら、まあ私の作品(?)の貧相なこと。すぐにほつれそう。ま、いっか。
 そんで、イエに持って帰って、リースにして、松飾りにする。
 アクセサリーは、鶴の飾り物と、イイギリのオレンジの実、モミの青い葉っぱ、稲穂たくさん、ミカンだ。それらを、しめ縄を丸くしたリースにくっつけていく。
 うーむ、イメージがわかない。かみさんがあきれて笑っている。チキショー。

 昨日は競輪グランプリ。40才の武田豊樹と心中、のつもりが46才の競輪界の至宝、神山雄一郎から入って(買って)アウト。しかし神山さんが武田の優勝をアシストしたので、外れても満足。いいレースだった。

 そんな昨日の朝、京都にいる馬の助(まのすけ 石神井高校の後輩)から電話がかかってきた。
 「今日の岸和田競輪場のグランプリ、来ているんでしょ。今晩、京都ですごい人が来る忘年会があるんで来てくださいよ」
 「今東京。松飾りをつくっているんだよ」
 「なんですか、なにそんなことしてるんですか」
 「いいの、人格変えてるんだから」
 「ダメですよ、来てくださいよ」
 「じゃあね、良いお年を」でガチャン。


 みなさま、今年もお世話になりました。来年が良い年でありますように。

#id14120006 | 雑ネタ | posted by 鍜治真起

2014年12月22日 12:04

電車図書館。

 先日、上京してきたヤマちゃんと赤坂で待ち合わせて、大手町、日本橋、蔵前まで地下鉄を乗り継いでニコリ事務所まで来たことがあった。快晴の午後3時頃だった。
 ヤマちゃんが言った。
 「おい、どの電車にも人が乗ってたなあ」
 そのときはその感想に、何を頓珍漢なことを吐くのか、と思っていたが、そのあと札幌に行って、気づいた。
 札幌は歩きやすいなあ、適正人口っぽいなあ、と。
 東京は人口が過密すぎるのではないか。自動車が多すぎるのではないか。電車のホームドアも単なる対処療法なのではないか、と。

 ヤマちゃんは京都の伏見に住んでいて、年に1回のペースでの上京が20年くらい続いているか。
 伏見も中書島からのんびり歩き、寺田屋を見て、彼と昼飯をとり、ほろ酔い気分でまたふらふら散策し、楽しかった。小川には鯉もいて、いい気分。まだ開いていないスナックだらけの小路を迷えば、昭和の店名ばかりで、タイムスリップ状態。いいなあ。今度は夜にさまようぞ、ハシゴするぞ。


 思いつきで別な話。
 点子ちゃんが新小岩(総武線)の飲み屋で言った。
 「なにかさあ、最近また電車の中で本を読んでいる人、多くない?」
 ポン。
 実は私もそう思っていたところだった。5年くらい前にほとんど見かけなくなった「電車読み」が最近増えている気がするのだ。
 「そうそう、それさあ、時代小説の人気と関係あるんじゃないの」と私。
 「そうなの? それよりさっき買った新書、これ面白いらしいよ(後略)」と点子。

 点子ちゃんは自宅を設計してくれた建築家。まあ話がばらばら飛んで面白い。私と一緒か。


 また別な話。
 新潮文庫がスピンを付けなくなる、というニュースはどこで聞いたのだったか。夢で出てきたのかなあ。
 スピンというのは、紐のしおりのことです。

 そんなこんなで数年前から電車内で本を読んでいる人をウォッチングしているわたくしです。
 先週の午後、飯田橋駅(中央総武線)から乗ってきた女性が、すぐ座って本を読み始めた。ブックカバーを外した本の表紙はオレンジ色だった。
 (何の本かなあ。本の内容と人の容体を対比するのが楽しいのです)
 本のタイトルは分からない。斜め前に立っている私。
 と、めくっっている本の間に赤い落ち葉が一葉、挟まっているではないか。
 へええ。
 しおりにしているのだった。
 そのあと全日、いい気分になり、旨い酒を飲んだのだった。

#id14120005 | 雑ネタ | posted by 鍜治真起

2014年12月15日 12:21

長屋。

 先週末は南青山「nagaya」(シェア・オフィス形態の場)のみなさんにパズルパフォーマンスができてうれしかった。なんだか新鮮な気分にもなり。企画してくれた代表の広瀬さんとは長い知り合い。ありがと。
 シェアルーム・オフィスは日本でもNYでも進化している現在。広瀬さんの言う「長屋」コンセプトは面白い。
 「nagaya」2周年記念パーティに呼ばれて、70分くらい、いつもの無駄話をしてしまったのでした。
 新鮮だったのは若い起業家がほとんど(100人規模)で、パズルファンとはまったく違う熱気を感じたこと。これからのニッポン、捨てたもんじゃないぞ。昨日の選挙地図ががらり塗りかえられる時代も遠くないよ。


 札幌で生まれた私は、生後100日で成城学園(東京)の長屋に引っ越してきた。電電公社の社員寮が長屋であった。4才までそこで過ごした。醤油からなにから共有気分。誰かさんの愛犬ルイも共有気分。塀もなし、鍵もかけず、カーテンもなかった気がする。夏は暑すぎて、冬は寒すぎた。
 4才のとき、親父は国際電電に移っていたので、練馬区豊玉の社宅に引っ越した。高校までそこに住む。


 私はいま、隙だらけ、脇を甘くすることで動いている。ラクなのです。長屋はホントに「隙間」だらけだった。いっときでも長屋に住んでよかった。
 広瀬さんのポリシーは、今の時代にとても必要なこと。不動産に商業施設とはまったく違う「ソフト」が入っている。
 ソフトとは何か。ヒトです。
 面白い。


 今週は木曜日がピーク。ランチミーティングが都心であって、夕方に調布で対談(講演?)があって、夜は朋友の会社の楽しい懇親会です。

#id14120004 | 雑ネタ | posted by 鍜治真起

2014年12月10日 18:32

東西南北。

 東にカジあれば、消せ、と消防団は大忙し。
 西にマキあれば、くれ、とカジマキは「できればクヌギ、ナラ、シイが欲しいの」と大忙しの冬になりました。

 東西で大活躍だった錦織圭(テニス)は、胸にユニクロのマーク。
 ニシコリの名前には「西」があり、「ニコリ」がある。あ、それだけです。


 神田神保町には2週間に一度のペースでふらふら。ここは日本一の古書街です。阪急梅田駅の奥にもディープな古書店街がある。好きです。
 さて、東京の話。靖国通りが東西にわたっていて、その南側にほとんどの古書店が並んでいる。北側には数軒のみ。その理由は?
 南側に陣取ると、店頭は北を向くので、本たちが日に焼けないのですね。あ、それだけです。


 「東南西北」という並べ方もあります。「健康麻雀」(シルバー向け用語 カジ語ではありません)では、時計と反対に回っていくのね、方角はそうなっちゃうのね、とルール説明から質問攻めになります。
 そんなこんなで先日、2年ぶりくらいに気のあった仲間と新宿で卓を囲んだ。久しぶりなので、ピーナッツの個数と価値とルールを確認し、夜の11時を回ったら次の「回」にはいかないよ、OK。
 そこでなんとわたくし、リーチ、一発、ツモ、メンホン、サンアンコウ、ドラ7という数え役万をでかしたのだった。もちろん、一人浮き。エッヘン。
 今でもあの「サンピン」の感触が親指に残っている。次回が待ち遠しいなあ。


 今週末は棒振りと、講演と、めでたいイベント(プライベート)をさらりとこなすために、明日、期日前投票に行ってきます。

#id14120003 | 雑ネタ | posted by 鍜治真起

2014年12月03日 18:56

デモ。

 先週末、香港で2カ月にわたり、続いたデモ(スト)が、ネイザン・ロードから撤去された。よくがんばりました、香港人の若い世代よ。いつまでも応援するぞ。君たちに感化されて、台湾の若い世代も同調している。いいことです。
 香港人と中国人はホントに違うからね。


 23才のときに、私は元気に自宅療養中だった。その6カ月の間に、オートバイの免許を取り、アルバイトで左派系の仕事が多い印刷会社にもいた。「校正」と「整理」が主な仕事。
 そんなある日、20万人規模のデモ行進があり、20万枚のビラを急遽、印刷した。B4で片面1色。まるで号外気分。
 私は50行くらいの文章の校正係。刷っている間にも、2万枚単位をクルマでピストン輸送。デモのゴール場所へ。
 その途中、会社に社長から電話がかかってきた。
 「カジ、どこ見てたんだ。サイゴを見てみろ。マツオカズコのサイカイじゃねえか。すぐ刷り直せ」
 私は???
 そのビラを見たら「議事が再会された」になっていた。松尾和子のヒット曲「再会」になっていたわけですね。「再開」じゃなかったわけですね。
 社長発見のときには5万枚くらい、行っちゃってましたかね。

 その会社は、仕事扱いでデモに参加させてくれていた。おにぎり代もくれたような気がする。もちろん私はノンポリ(ノンポリティックス)だったので、雨の日のデモは、会社を出て、映画館のハシゴをしていた。

 そんな時代でした。ま、面白い印刷会社でもありました。


 週末は札幌です。6日の土曜日は、紀伊國屋書店・厚別店で私のパズルパフォーマンスがあります。午後1時から3時間。お近くの方も遠くの方もよかったらどうぞ。
 6日はニコリ事務所1階の「ニコリ・ビヨリ」で、早解き大会(?)のイベントもありますよ。こちらにもわさわさお越しください。 

#id14120002 | 雑ネタ | posted by 鍜治真起

2014年12月01日 15:16

ツバキ。

 過去は過去、ではなくて、「過去は現在」。ああ、昨日は小室山(伊東)の「つばき園」をふらついて楽しかった。と思っているのが今現在。
 つばき園にはなんと千種類、4千本のつばきがあって、今は150種類のつばきが満開です。5月まで楽しめますぞ。4月には黒紅色、暗紫色のつばきが咲くとか。ほおお。

 散策中に驚いたのは「金魚椿」という木があって、葉っぱがまるで「緑色の魚」のカタチをしていたのです。葉っぱの先が魚の尾ひれ状に割れて広がっていたのですよ。
 そんでまた5mくらいの高木が白い花弁をお椀状に咲き誇らせていて、「台湾椿」とネームが付いていた。これってタイサンボクの仲間じゃないの、はおいときましょうね、アウェイなので、咲かせてくれるだけでうれしい。

 京都の紅葉も見せていただけるだけで感謝。こちとら見るだけですからね。

 テニス合宿で伊東に来て、仲間はつばき園ヨコのコートでゲームに励んでいます。私は前日までの連日の棒振りでへたっていたのでした。テニスは重労働、花見の方がラクってな感じ。
 ちょっと待てよ、連日の旨い酒でへたっていたのだったな。失礼しました、訂正。


 明後日はデモの話です。たぶん更新できると思う。誰も信じていないよな。私が信じてないのだから。

#id14120001 | 雑ネタ | posted by 鍜治真起
end of entries.