2015年06月30日 07:31

よく歩き、よく飲み。

雪渓に 一際紅い 谷空木

 妙高山(2400m)を登ってきました。雪が多くて途中下山。今も足がガタガタで駅の階段、降りられぬ。満開のタニウツギ、水芭蕉、ショウジョウバカマに遇えてよかった。


マウイ島 ジョン・フォガティも 参列か

 結婚式の翌日、CCRのジョン・フォガティのコンサートはサイコーでした。偶然、彼がマウイに来ていることをヒロオサから聞き、チケットを無理矢理取ってもらって、泣けた泣けた。彼は今70才。私が21才のときにLPが擦り切れるほど聴いたバンド。まさか生身の彼に遇えるとは。感無量の立ちっぱなしでした。


借り入れに 数学科卒の 担当者

 銀行マンのフロントが基礎数学(幾何学)を出た男だった。うちの会社だから来たのかなあ。なことないわな。


 相変わらずふらふらしています。

#id15060002 | 雑ネタ | posted by 鍜治真起

2015年06月12日 05:06

結婚式。

 東京から直接マウイ島に来て、今日で10日目です。ホノルル、トランジット。前半は東端のハナで過ごし、後半は南西のラハイナでコンドミニアム暮らし。
 今回の主目的は、次女なつ子(29才)とカズクン(31才)の結婚式参列。ビーチでの式はまあ明るく楽しくて、炎天下では泣く瞬間もなかった。そのあと、プールサイドでのBBQパーティは、イエでやる1人BBQの1万倍、楽しかった。
 それもこれもすべて、新婚夫婦の希望を汲んで、それ以上の段取り、演出をしてくれたヒロオサ(キヘイ在住 56才)とノリ(ニシコク在住 44才)のおかげさまだ。
 ヒロオサとは長い付き合いになりそう。ありがたい。

 なつ子のウエディングドレスは手作りで、間に合うかどうか、かみさんも心配していたが、さすが本業であることよ、刺繍も可愛かったよ。
 カズクンも堂々としていた。ゴルフは下手だった。
 カズクンを昔から知る女性が言ってくれた。
 「彼はなつ子ちゃんと付き合って、この2年で見違えるように明るくなったんですよ」 うれしいばかり。もっと鍛えてあげよう。余計なお世話か。

 数多のエピソードは帰ってから小出しにします。もう少しいて、帰ります。

#id15060001 | 雑ネタ | posted by 鍜治真起
end of entries.