2015年08月31日 12:34

鼻毛とムービー。

 先週の水曜日の夜に、自分の鼻毛を切る夢を見てしまった。書道の小筆の先の毛、ゼンブほどだから、鼻の穴いっぱいに生えていたムード。はさみで切って目が覚めた模様。そんな夢、人生で初めて。
 「夢」の監督は誰なんだろう。

 そんな目覚めの悪い翌木曜日だ。で、なぜか2年くらい前に見た映画の女優が思い浮かんできた。鼻毛とは関係なくです。
 あのかわいいデブ、よかったなあ。よしっと、パソコンで「太った女優 アメリカ映画 アイデンティティ」と、ググって見た。
 出てきたよ、よかった。女優の名はメリサ・マッッカーシー。そうだそうだ。笑顔サイコー。
 映画のタイトルは「アイデンティティ・シーフ(THIRF)」。そうだった。NY往復の機内で3回見て大笑いしたのだった。彼女がクレジットカードのスキミングの天才で、そんな詐欺師が、詐欺られ男と南部から北部(NY)まで珍道中をするという、ロードサイドムービー。このジャンル大好き。

 2年ぶりに突然、彼女を思い出して心も軽い翌日の金曜日の朝。ふらっと一般紙朝刊をめくっていた。感想は「広告が多いなあ」。連載小説ねえ。沢木耕太郎なのかあ。今日は第145回なのかあ。
 と、文中に目が行き、たまげた。主人公(?)の台詞に、映画『バニシング・ポイント』が出てきたのだ。おっと、ちょっと待って。この映画、私の人生ベスト3に入るロードサイドムービーだよ。(昨日、ロードサイドムービーの良さに浮かれてたんだよ)
 コワルスキーというフツーの男が賭けをして、NYからロサンジェルスまで何日間かで行かなければならない、それだけのストーリー。ドッジ・チャージャー(確か)をひたすらぶっ飛ばすだけの話。そこにドラマが生まれ、途中の地方局(ラジオ)が加担してムーブメントになる。サイゴが圧巻。ああ。

 てな具合で、木曜、金曜は一人だけ昂揚していて、翌土曜日が来た。
 また朝に何気なく一般紙朝刊をパラパラしていたらなんとあなた、あのデブ姉さんメリサの新作映画の広告が載っているではないか。オレだけビックリ仰天。(昨日まで2日間だけメリサちゃんに恋していたその矢先だよ)
 このチョー個人的な三日間のつながりってなんなの。この玉突きのようなタイミングってなんなの。


 15年くらい前の雨の朝。調布駅(京王線)まで歩いていた(18分)。私の前(20ヤード)をオレンジ色のレインコートを着た女性が歩いていて、15分くらいずっと20ヤード感覚で歩き、駅に2人とも吸い込まれた。
 私は私であたりまえにテキトーに乗り換え、立ち食いそばを食べ、サンスポを読みつつ、回らないアタマを競馬の記事で回らせ、あらまっと浅草橋駅で降りた。
 改札口を出て傘を差し、左へ曲がったら30ヤード先をさっきのオレンジ女性が同じ後ろ姿で歩いているではないか。
 一瞬、寒気がして何が起こったのか分からなくなった。
 あなたの不思議な「タイミング」歴は?
 

#id15080004 | 雑ネタ | posted by 鍜治真起

2015年08月21日 13:02

引っ越し。

 この時期に引っ越し。玉の汗をかいてね。何事も突然決めなければならないことが多くなる時代になりました。
 あ、私は引っ越しませんよ。地方のホテルのエアコンが大好きなだけです。(イエではエアコンつけないので)

 今週始めに魔王(推定44才 いい男)と久しぶりに会った。NYから一時帰国中。実のある話が終わって、神保町「ランチヨン」で昼飯。その店は100年以上続くビアホールで、11時半から飲める。彼が妙に気に入ってくれた。よかった。
 彼はオムレツとパンを頼み、私はエビクリームコロッケ。ドナピー(NY在住 一時帰国中)はベジタリアンなので、チーズと野菜サラダ。
 そんでなんだか引っ越しの話になり、魔王の父親は今68才で、過去に23回引っ越したという。へええ。職業は検察官だったという。へええ。
 私の先入観で、引っ越し魔は国鉄(?)、銀行員、NHK、自衛官、外交官、商社マンであったが、検察官も加えることになったよ。

 私は10回。たぶん。住んでいた最短が6カ月。最長が19年。引っ越し貧乏ばかりの様相。会社も4年に1回引っ越していたからなあ。落ちつかない性分だよなあ。
 あなたの引っ越し歴は?

 草花も集団で引っ越す連中がいます。その話はまたいつか。

#id15080003 | 雑ネタ | posted by 鍜治真起

2015年08月17日 14:48

駅そば。

 駅そば、というタイトルで書きたい。
 と思ったら「構内」について考えてしまっている私です。すまん、長引きそう。駅構内って、改札口内、外、どこまで指すの?
 
 8月1日(土)に競馬仲間と小倉競馬場に突撃して打ち砕かれたあと、小倉歓楽街の「ベース」という小料理屋で旨い酒、あてをやりながら、ひたすら無駄話。総勢7人。福岡から2人。東京から5人。岡崎(愛知)から1人。三重から1人。あ、9人だった。私は途中退席したのだった。そんとき、別件で「構内」が話題に出て、改札口「内」の認識が多数派だった。しかしヒゲモジャのトシキだけが「どっちも正解」と堂々と発言した。
 そうなんだあ、どっちでもいいんだあ。そーゆーの大好き。

 そんでまたアタマをふらふらさせていたら、先週の13日(木)のこと。越後湯沢駅を出たところで一服していたら、そこは「鉄道敷地内」の看板があった。駅長名での注意書きがあった。ふーむ。構内ではなく、鉄道敷地内ねえ。

 その越後湯沢駅の立ち食いそば屋は1軒で、改札口内からも外からでも食べられる。その構造はとてもうれしい。あっちこっちにありますね。
 伊東駅の立ち食いそば屋も「両側商売」(造語です)なので、食べる機会の自由度が増してうれしい。そんでそこはお茶を昔ながらの「ポリ容器」で売ってくれるので、思い出し泣きしてしまうのでした。

 立ち食いそばの味、その他についてはゴリ(ン十年のニコリファン)のブログ、「立ち食いそば紀行」にまかせといて、改札口内の立ち食いそば屋の数がダントツに少ないと思うのは東京駅。あの広さで普通のそば屋は1軒。立ち食いそば屋は、あの広さで京葉線ホームの上に1軒だけ。まあ、なんとなく参る。あと新幹線改札内、19番線ホームのいちばん後ろに1軒だけ。ハンデ戦でしかも遠い。うろ覚えか、ウソ覚えか、17番線ホームにもできたのだったか。
 新宿駅も改札口内に1軒だけ。ま、新宿駅は改札口外にやたらあるからいいか。
 その半面、立川駅は素晴らしいぞ。ホームが3本あって、なんと立ち食いそば屋も付随して3軒あるのだ。しかもホーム上のコンコース(改札口内)に焼きそば屋(関西風)が1軒あるから、この町は「そばの町」かとビックリしてしまう。しまわないか。

 名古屋駅の新幹線ホームでは、「下り」方面でのきしめんが好き。50年の歴史の重みが出汁に出ている、そんな気になり、ここではゆっくり、しみじみと味わうのでした。


 そろそろ眠れる夜になる気候。大地の芸術祭(新潟)をクルマで走り回ると、ススキがかすかに正体をあらわし始め、キクイモの黄色が鮮烈です。雑草のブタナが伸び、クズが雑草、低木にまとわりついて、秋です。

#id15080002 | 雑ネタ | posted by 鍜治真起

2015年08月10日 14:57

イエそば。

 遅ればせながら先月、小型飛行機が調布飛行場から離陸後10数秒で墜落した住宅地は、私のイエから800mの場所でした。イエそば800m。飛行場滑走路から墜落地まで500m。墜落地からイエまで800m。イエから飛行場まで1000m。の三角形です。亡くなった方々に合掌。
 8月のニッポンも鎮魂月間ですね。

 「調布飛行場って管制塔がないんだってね」
 「あ、そうそう、だから落ちたのかなあ」
 と、私の周りの大の大人がフツーにしゃべっている。あのお、あるんですよ、ちゃんと。首のない関取り風情ですが。掘っ立て小屋のような母屋も最近改築して、ま、プレハブ小屋に見えましょうが、そんな小さな飛行場です。

 先月末から熊本、広島、島根、福岡、小倉、お台場(東京)、川越、所沢を渡り歩いてきた。どの街も夏休みなのか、昼間から人が出ていて、その分、通行人の会話がたくさん聞けた。各地が個性的に感じた。
 ある町で、「そこを右さん曲がってな、そんで左さん行ってな、あとはぎゃあぎゃあ、びゃあびゃあ行きなされ」と真顔で言われると楽しい。「はい、分かりました」になる。 
 ある町で、「この机は仕事中の人がいるんですか」と問えば、「去年、自殺なすってな。そのままなんですわ」との返事。細かく書けない。


 新しい人とは会う回数が増え、旧い人とは会う回数が減り。どの地方も田んぼの緑がきれいすぎる。

#id15080001 | 雑ネタ | posted by 鍜治真起
end of entries.