2016年09月20日 11:46

悪い夢。

 今夏はサルスベリ(百日紅)とフヨウ(芙蓉)が例年より長く目を楽しませてくれている気がする。キョウチクトウはもっと派手にして欲しかった。ニシキウツギ(錦空木)は月光仮面。パッと咲いて10日で消える。355日間、片想い。


 先日、悪い夢を見ました。日常がひねくれて夢になるのではなく、まったくのホラー。ああ、覚えていたかったのに消えてしまった。怖くて起きて、よかったとホッとして目をつぶったら目の前に真っ赤な50僂らいのつぶれたカブトムシが現れ、もうダメ、とホントに起きて歩いてお茶をいれて飲みました。
 でもアタマは夢想状態。そしたらマーロウが出てきて、あれ? シャーロット・ランプリングだよお、久しぶりい。妖艶な姿態。なんだなんだ? ここはNYか。ヤクを打たれたマーロウ。ああ、思い出した、ロバート・ミッチャム。ヤッホー。だが彼も全身ぐるんぐるん、オレに近い。
 そうだったな。「さらば愛(いと)しき女(ひと)よ」で一安心。
 そんなこんなでソファに寝っころんで周りを放っておいたら、イトウ・ジャクチュウのモザイク画が。なんとなんと。白いでかい象が出てきて、わああ、どこかで見たぞ。タイだったか。白い象。懐かしいよお。

 消されていた過去が、悪い夢のおかげで思い出されてよかった。汗をかいてTシャツを着替え、深夜はいつのまにか現実の黒幕を上げ、白みを帯びてきて、鳥のさえずりも聞こえてくるのでした。

#id16090001 | 雑ネタ | posted by 鍜治真起
end of entries.