2016年12月02日 11:42

暮れだね。

 水が好きなキクイモが秋のヒマワリのように、派手にでかく花を咲かせています。
 先々週のテレビドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」で、主人公の星野源さんが数独のファンという設定で、一心不乱に数独を解いているシーンが出て、現在「数独通信」などが売り切れ続出中。ありがたいことです。

 そんな中、来週7日に新宿紀伊國屋本店の8階イベントスペースで、私の講演があります。「数独はなぜ世界に広まったか」のタイトルなので、久しぶりにマジメにしゃべるつもり。
 18時半開場、19時開演。入場無料。よかったらどうぞ。紀伊國屋のHPから入って、直接電話予約をお願いします。

 なお、6日は同じ時間、場所で「メガクロスで遊ぼう」も開催します。こちらは入場料500円。同じ方法で電話予約よろしく。

 8日は竹橋の「毎日メディアカフェ」で「数独の夕べ」を開催。みんなで遊びましょ。 数独はこれからまた広がる様相ですぞ。


 今は薪をチェーンソーで短く切って、いよいよ冬支度。イエでは毎年60日くらいストーブを使う気分。コナラやブナの薪、もっと欲しいぞ。

#id16120001 | 雑ネタ | posted by 鍜治真起

2016年11月14日 11:30

移動。

 ちょっとばかり京阪、淀駅の真ん前にある公営ギャンブル場に行ってきた。その駅は10年近く前に300mくらい、京都方面に移動した。それから2,3回訪れている。
 今回も移動前の思い出が深く残っているつもりが、あらら、どうもうろ覚えになってしまっていた。
 イナリワンが買ったレースとか、2005年にスズカマンボが天皇賞(春)で買ったレースとか、鮮明に覚えているのは「ソフト」のことであって、「ハード」(駅前からの景色)は、なくなるとみるみる忘れていくんですね。

 地下鉄銀座線の渋谷駅が先日、200mほど移動したらしい。渋谷の思い出の濃い一つがまた消えてゆく。

 JR中央総武線の飯田橋駅が200mくらい移動することになった。着々と工事が進んでいる。ホームとの「車間距離」がこの駅ほど大胆であるのは、個性的で好き。私は緊張するので、なるべくこの駅は使わないでいる。そう、だけど好き。

 駅も生きている。移動は脱皮だろう、と思いたい。感傷無用。ハイ、分かりました。

#id16110002 | 雑ネタ | posted by 鍜治真起

2016年11月07日 11:39

数独通信。

 風呂場から目線で60僂里箸海蹐法▲茱瓮覆肇曠肇肇スが満開に咲いています。
 ヨメナは花弁が薄紫で真ん中の黄色が美しい。ホトトギスは独特なカタチの花。白に赤ワインの色の粉を振りかけたよう。そばかす少女アニーのよう。40度の湯舟で長居してしまいます。

 先週末は新潟の一軒宿の温泉に行った。外は夜に気温2度。露天風呂も内風呂も33度のぬるさで参ったが、それはそれ。10時間入っている人が多い理由が分かり、私は違います、と言って(内心です)蛇口をひねり、加温した。
 そこから2300mの山に登るつもりが雨と雪とガスで断念。残念の途中下山。内心は「残念」ではなく、「ホッ よかった」。初心者があんなところ登れるものか。死ぬよ。
 その一軒宿は、今日7日をもって休業。5mの雪が積もるので来春まで閉鎖です。


 今、「数独通信」(ニコリ刊)が秘かに売れています。創刊10周年。これからですよ。
 この木曜日(10日)は、毎月恒例の毎日新聞社(竹橋)1階で「数独の夕べ」が開かれます。よかったらどうぞ。2015年「SUDOKU世界選手権」チャンピオンの森西さんがゲスト。さて、彼は先月の2016年大会で防衛(?)したのでしょうか。興味津々。
 この土曜日(12日)は、大阪商業大学(河内小阪)のホールで、大学とニコリ共催「言葉を遊ぼう会」が開かれます。よかったらどうぞ。世界最大のクロスワード「メガクロス」で遊びましょう。圧巻の実物は現在、梅田・紀伊國屋さんのショウケースに飾ってありますよ。まあ、でかいぞ。
 東京と大阪のイベント2つのお知らせでした。全国の方には「数独通信」でお楽しみください。

 山登りと数独の共通項。
 「我慢が楽しくなります」

#id16110001 | ニコリ | posted by 鍜治真起

2016年10月24日 16:47

外もも。

 「顔より太もも」というガールズ競輪ポスターのキャッチコピーが最近では出色だが、先週末に会津駒ヶ岳(2100m)に登って、今は外ももが痛いいたい。駅の階段を降りるのが苦痛で。
 晴れた檜枝岐は紅葉真っ盛り。その景色に感動し、気分も高揚し、下りの3時間ルートを、誰も見ていないのに調子に乗って2時間で走るように転げ降りて、今のありさま。同行者2人とわざと別行動のように、羽目を外したくなるバカさ加減。
 イエ内の高い段差もよっこらせ、と。
 かみさんが言った。
 「その性格なんとかしろ。ったくもう」


 「ときどき思うんだけど」ということが最近なくなってきた。
 しぶとく、あるいは長く、あることを思い続けることがなくなってきた。
 いつも違うことばかりに気づいていて新鮮な気分。
 やりたいことを減らしてボーッとしていると、違う回路がつながり、やっと世間が見えたり、今の人間関係が理解できたり。
 いかに今までドド走りして、わざと波風立てて、その場をしのいできたか。今までは一人相撲だったような。
 回遊魚だったような。動いていればなんとかなるの安心感。
 なあんだ、止まってボーッとしているのも面白いじゃないか。

#id16100002 | 雑ネタ | posted by 鍜治真起

2016年10月11日 11:15

新製品。

 忘れもしない1カ月前の9月12日の月曜日の昼過ぎに、私は丸の内地下街を徘徊していた。KITTE(ビル)を有楽町方向に通り抜け、「きじ」(お好み屋)のあるビルに入ったとたん、腹が空き、目の前のコンビニで見つけたのが「やわらかヒレカツ丼」というおにぎりだった。
 なにこれ?
 サラリーマンでごった返すコンビニ。そこに薄黄色いおにぎりが、黒いおにぎりたちに混じって、燦然と輝いているではないか。孤高に黄色で。
 「新製品」とのポップ。しかも手に取るとラップが温かく、ジューシーなミニカツ丼そのもの。少食の私にピッタリ。180円くらいだったか。
 買い求めてすぐ、歩きながらほおばったとも。30歩くらいで完食。
 惚れたね、これ。

 しかしそのあと、私の悪いクセで、その感動も120歩で忘れてしまう。探すこともなかった。

 そしたらあなた。忘れもしない10月1日の土曜日の夕方。山中湖は平野のコンビニで「孤高の黄色くん」に再会したのですよ。20日ぶりでしょうか。まあ、一瞬うれしくなった。近づいてすっと手を伸ばそうと思ったら、手が止まりました。
 なんと名前が「やわらかヒレカツ丼」ではなく「煮カツ」だったのです。
 「新製品」のポップは一緒。んだが「山梨限定」とある。
 うーむ。見てくれはほとんど同じだが、わたくし「ニカツ」の響きに慣れてないので、手が戸惑ったのでした。


 新製品っていつまで言っていいのだろうか。限定ってどれほどの範囲なのだろうか。
 昨日はあっちゃんにいただいた老舗のどら焼きが抜群に旨いので4日間連続で深夜のお茶請けに。賞味期限は10月7日である。たった2日のイノチらしいがまったくダイジョブ。私はなくなるまでマイペースでいただきます。
 オレの賞味期限は?

#id16100001 | 雑ネタ | posted by 鍜治真起

2016年09月20日 11:46

悪い夢。

 今夏はサルスベリ(百日紅)とフヨウ(芙蓉)が例年より長く目を楽しませてくれている気がする。キョウチクトウはもっと派手にして欲しかった。ニシキウツギ(錦空木)は月光仮面。パッと咲いて10日で消える。355日間、片想い。


 先日、悪い夢を見ました。日常がひねくれて夢になるのではなく、まったくのホラー。ああ、覚えていたかったのに消えてしまった。怖くて起きて、よかったとホッとして目をつぶったら目の前に真っ赤な50僂らいのつぶれたカブトムシが現れ、もうダメ、とホントに起きて歩いてお茶をいれて飲みました。
 でもアタマは夢想状態。そしたらマーロウが出てきて、あれ? シャーロット・ランプリングだよお、久しぶりい。妖艶な姿態。なんだなんだ? ここはNYか。ヤクを打たれたマーロウ。ああ、思い出した、ロバート・ミッチャム。ヤッホー。だが彼も全身ぐるんぐるん、オレに近い。
 そうだったな。「さらば愛(いと)しき女(ひと)よ」で一安心。
 そんなこんなでソファに寝っころんで周りを放っておいたら、イトウ・ジャクチュウのモザイク画が。なんとなんと。白いでかい象が出てきて、わああ、どこかで見たぞ。タイだったか。白い象。懐かしいよお。

 消されていた過去が、悪い夢のおかげで思い出されてよかった。汗をかいてTシャツを着替え、深夜はいつのまにか現実の黒幕を上げ、白みを帯びてきて、鳥のさえずりも聞こえてくるのでした。

#id16090001 | 雑ネタ | posted by 鍜治真起

2016年08月16日 11:21

相談。

 今夏もつつがなく終わる模様。今朝の自転車散歩では、ふらふらへクソカズラとミズヒキとフヨウとネコジャラシを採ってきて、イエ内のあっちこっちに挿した。彼等が私にウィンクしているような気がするのです。
 カラダもあっちこっち出歩いているが、その中で高校野球が始まる2週間前からの、NHK全国こども電話科学相談というラジオが面白かった。
 「みそのしんじ 2年 山口県 スイカはくだものだと思っていましたが やさいというのはほんとですか」「かわだけい 中学2年 栃木県 恐竜図鑑に恐竜じゃないのがのっているのはなぜですか」などすべての質問がサイコーだった。
 先生がしどろもどろに応えているのがまたいい。上記は解説しやすい方。3才、4才の珍問はときどき哲学的対処が必要になる。そうすると禅問答になるので大人なら済むが、こどもはこども。
 「わかりません」
 あのね、マイさんがいま立っていられるのはね。
 「わかりません」
 生放送の緊張感が伝わり、子どもは引かない、大人は次のこどもにいきたい、マイは引かない、わかりません、ああおもしろい。NHKだからできる間延びの余裕。

 昔から相談コーナーは好きだった。雑誌でもラジオでも。週刊誌では開高健、あ、あと忘れた。深夜ラジオでは森繁久弥から始まって黒田征太郎。ニッポン放送の午前は美輪明宏。TBSラジオの子どもなんでも相談はピカイチだった。回答者が全員、ユーモアに溢れていた。大人も子どもも心が和んだ。TBSのサイゴは「リアル」として続けて終わった。これも学んだ。

 私は相談するより、相談される方だった。ノリで即答、喝破する方だったから結局はウソをついていたんだと思う。楽天家のガキだからま、ホラ吹きだったのかも知れない。
安請け合いもガンガンしていた。だからしょっちゅう詰んでいた。痛い目にあったことも多々。


 関係ないけど、最近、タで始まる名前の人を覚えられないことに気づいた。竹村さん、ごめんね、ずっと谷村さんと言っていたよ、1年間。谷村さんは西村さんのような気がしていた。あ、西村さんと飲まなければいけないのだった。
 どなたか、タで始まる人について相談に乗ってくれませんか。

#id16080001 | 雑ネタ | posted by 鍜治真起

2016年07月11日 11:14

ある夏のしゅうまつ。

 毎シーズン、スイス大使館から郵便物が送られてくる。今回はDADA100周年の新聞が入っていて、抜群に面白い。
 チューリヒ・ダダは「反芸術運動」として始まった。ダダは造語で意味なし。数独と一緒ですね。表紙の絵に「イラストはイメージです」とある。抜け目があってパチパチ。
 いつからか風景写真もメニュー写真も「イメージです」と付けるようになった。
 今後は写真家、デザイナー、芸術家が応募や個展を開くときなど、最初から「イメージです」と宣言する世界がくるかも。
 コラージュや風刺、皮肉が通らなくなる世界はつまらん。


 おととい身内に不幸があって、「おくりびと」を初めて間近に経験した。遺体をタオルで拭くところから。粛々と事をすすめていった。
 大事、動揺が行動をすることによって静まり、凡事に近くなる。
 そんなこんなで凡事に徹底してつきあうことが大事なんだ、と知る。
 映画もイメージなんだな、と簡単なことに気づく。


 私とかみさんは期日前投票をしていた。ここ10年で期日前投票ばかりのわたくしです。 なもんでライブの選挙情報はまったく知らず。今も。あ、いまイエにテレビがないことも関係しているな。あ、そのくせギャンブル場には立ち寄ってるな。
 選挙はイメージか。いや、化かし合い。


 14日の木曜日に、毎日新聞社1階で「数独の夕べ」を開催します。18時半から20時まで。今回は私が30分、「コトバとしての数独」をしゃべります。ゼヒお越しください。入場無料でありますよ。

#id16070002 | 雑ネタ | posted by 鍜治真起